人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』

アジアとビールと猫が好き。愛読書『世界しあわせ紀行』『深夜特急』『巨流アマゾンを遡れ』。

◆海外旅行にはコノ1冊:旅の指さし会話帳 

◆トラベルグッズはAmazonで!:お買い物はこちらから!

◆ホテル予約最大16%割引:年会費無料 Booking.comカード 

◆世界最大の口コミ旅行サイト:TripAdvisor (トリップアドバイザー)





緊急帰国前夜1はこちら。緊急帰国前夜2はこちら。病院...「お金かかるだろうなあ。保険の書類やなんかも宿に置いてきているし、面倒なことになりそうだなあ」。しかし、書類などを取りに戻る気力も体力もありません。自力ではどうにもならないと思ったので、病院へ連れて行 ...

ファイサーイ・パークベン2017年4月21日 10時7分【関連記事】チェンコーン→ルアンパバーン(1)2017年4月21日 18時17分2017年4月22日 8時12分【関連記事】チェンコーン→ルアンパバーン(2)ルアンパバーン2017年4月22日 20時7分2017年4月22日 20時50分2017年4月23日 ...

前回の記事(バックハーのサンデーマーケット:前編)はこちら。動物の市いきなりですが「動物の市」正直、カルチャーショックを受けました。鶏ひよこ豚おそらく豚牛 動物の市:感想ここは観光客向けではなく、現地の人向けの市のようでした。また、動物を日本のように「ペッ ...

前回の記事の続き(補足)です。カットカット村には人懐っこい動物たちがた~くさんいたので、ご紹介します。みんな可愛いね~。以上、カットカット村の動物たちでした(^^)最後までご覧いただき、ありがとうございました。「へぇ~」「可愛い~」と思われましたらOsushiを送 ...

はじめに私は本が好きです。今回の旅にアマゾンの「Kindle」を持っていきました。とてもとても重宝しました。本が好きで「これから旅に出よう」と思っている人には、おすすめです。この記事は、旅行(特に海外旅行)にKindleを持っていくべきかどうかの話が中心になります。 ...

はじめに今回は「GIFアニメ」の記事です。GIFアニメ:「複数の静止画像」を1つの画像に重ね合わせた動画の名称(バナー工房より)バナー工房写真の加工や編集をする際、私は バナー工房 を利用しています。・登録不要!・ずっと無料!・インストール不要!面白いかも!旅 ...

*旅ラジオ配信中!【旅ラジオ#002】バンコクの日本人宿「すいかハウス」はおすすめ!特にバックパッカー初心者には超おすすめ! : 人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』すいかハウス ・日本人宿・洗濯機あり・居心地よし・詳細はこちら!ドミトリー ...

ドーソン→ハイフォン朝5時頃に出発。宿のスタッフ(おばちゃん)がタクシーを呼んでくれる。料金は30万ドン(約1500円)タクシーの中から、ウォーキングをしている人をたくさん見かける。こんなに朝早くから、しかも薄暗いのに~と、驚く。5時30分頃にハイフォンのバスタ ...

はじめにブログを書いていると「4枚の写真を1つの画像にしたいなぁ」とか「顔にぼかしを入れたいなぁ」と思うことが時々ありました。色々と試してみた結果、以下の3つのサイト(ソフト)がとても使いやすかったので紹介します。フォトコンバイン「フォトコンバインはWEBブ ...

バイクとにかくバイク(スクーター)が多い。本屋戦争証跡博物館ベンタイン市場とその周辺ホーチミン市人民委員会庁舎 レタントン通りの日本人街 激旨!肉団子「バインミー」&ビール(約60円)バインミー(ベトナム語: bánh mì, bánh mỳ)は、ベトナムのサンドイッチで ...

バスの予約プノンペンからシェムリアップへ!前日に宿の近くの旅行会社でバスを予約。10ドル。「9:30発だから、ピックアップは8:45ね」と言われ、チケットを受け取る。当日の朝8:45 ピックアップに来ません~。もう来るだろう、もう来るだろうと思っているうちに・・・。9:0 ...

2017年4月1日に関西空港を出発。「旅に出る前の話」の記事が11本。今回は、そのまとめ記事です。順番に読んでも、興味のありそうな記事から読んでも、お好きにどうぞ(^^)旅に出ます!1.旅に出ます。旅ブログ始めます。「180日」と「バンコク」2.両親を説得。旅の期間は18 ...

【旅ラジオ#009】海外旅行中の体調管理。リンさんの神対応に感謝。チェンライ行きのグリーンバスは寒い。 : 人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』はじめにこの記事は、私が2017年4月14日にチェンマイからチェンライへバスを使って移動した際に気づい ...

はじめに出発前、【旅に出たら「Kindle」で「青空文庫」の本を読もうかな】という記事を書きました。バンコクにてそれが早くも実現!もちろんKindleです。・「山月記」(中島敦)・「堕落論」(坂口安吾)・「蜘蛛の糸」(芥川龍之介)読み応えあり虎になって、堕ちて行って ...

↑このページのトップヘ