初めて読んだ旅本


「十五少年漂流記」

初めて読んだ旅本(旅行記・探検記)は「十五少年漂流記」だった。

細かいストーリーは覚えていないけれど、子どもだけが無人島に流されて、そこで何年か暮らして、発見されて国に戻る話。

とても大好きな本で、何度も読み返しては、何度も胸が熱くなった。






「ジャック」

主人公たちの名前はもう全く覚えていない。しかし、主格主人公の弟の名前だけ覚えている。

「ジャック」。

彼が遭難する原因を作った唯一影のある少年だったから。




「あの頃の少年の自分」

大人になって、色んな旅本や冒険探検本を読んだ。

今、思い返すと「十五少年漂流記」に何故あんなに興奮し感動したのか、よくわからない。


しかし、「あの頃の少年の自分」が今まさに旅に出ようとしている。





最後までご覧いただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




【関連記事】
旅に出たら「Kindle」で「青空文庫」の本を読もうかな
Kindleで「山月記」「堕落論」「蜘蛛の糸」を読む
旅行に「Kindle」を持っていくか悩んでいる人は読んでください

【おすすめ記事】
おすすめ旅本&DVD:深夜特急・旅歌ダイアリー・風に立つライオン・見仏記・きっと、うまくいく・シベリア追跡・星の旅人たち・アマゾンの船旅・アマゾンを遡れ



2017年3月30日 初回投稿。
2017年10月5日 追加修正。