旅ラジオ:第1回~第20回

#001 タイに入国

#002 日本人宿「すいかハウス」

#003 ウィークエンドマーケット

#004 沈没

#005 世界遺産アユタヤ

#006 エレファントキャンプ

#007 罰金400バーツ

#008 水掛け祭り(ソンクラン)

#009 神対応リンさん

#010 質問、募集中!

#011 バックパック vs コロコロ

#012 タイビール「LEO」とチェンライの話

#013 プーパッポンカリーとホワイトテンプル

#014 パーイを諦め、メーサイへ。

#015 謎のつぶつぶ

#016 パソコン、キンドル、一眼レフ

#017 人間より猫が好き?

#018 ゴールデントライアングル

#019 チェンコーンへの移動

#020 タイ20日間のベスト5を発表!





収録を終えて

 
「たっちゃん」が旅に出た。

行き先はアジア。

泊まるところは安宿で、部屋はドミトリーと呼ばれる相部屋だ。

人見知りのたっちゃんが「よくドミトリーに泊まれたな」というのが、私の率直な感想だった。

たっちゃんに怒られるかも知れないが、笑ってしまったエピソードがある。





それは旅ラジオ第8回の冒頭、チェンライの2つ目の宿が良かったという話だ。

私はその理由に驚いた。

「ベッドが四方、壁に囲まれてカプセルホテルみたい」
「一人きりになれる」
「もう最高でした」

と、たっちゃんは、いつになく饒舌だった。

たっちゃんにとっては宿の清潔さや立地条件よりも「プライベートな空間」を確保できたことが何よりも嬉しかったのだろう。





今回の収録を終えて、改めて感じたことがある。

それは、たっちゃんが本当に人見知りだということだ。

私は人見知りがダメだと言っているわけではない。たっちゃんを非難しているわけでもない。

むしろ、こんな風に考えている。





もしかしたら、たっちゃんは、この旅ブログや旅ラジオを通して、

「人見知りでも海外一人旅はできるよ」
「内気な人でも大丈夫だよ」

というメッセージを
全国の人見知りで内気な人達に送っているのかもしれない・・・。


たっちゃんは人見知り系バックパッカー@アジアしあわせ特急