*Radiotalk↓


*Spotify→こちら

*iPhone→こちら



2019年1月19日 初回投稿
2019年2月22日 更新



はじめに 

人見知り
全くしない系バックパッカーの「部長」です。

人見知り系バックパッカーの「たっちゃん」が、「嫁ちゃん」と2人で台湾へ行きました。


ただ、私(部長)は台湾に行ったことがないので知識はゼロ。

「たっちゃん」からツアーの話は聞いたけど、細かい事までは分かりません。

だから、「台湾のおすすめスポット7選」みたいな記事は書けません(^^)


だったら、いっそのこと、私みたいな人をイメージして記事を書いてみようかなと思いました。


具体的には
台湾に行ったことがない
「九份」って何て読むの?
・「白菜」って有名なの?
・「八角」って何?


4つとも該当する人は読んで下さい。

何度も台湾に行ってる人は読まないで下さ~い(^^)




まずは、ツアー概要からです。

JALパック

LOOK JTB スペシャル台北

2018年12月23日~25日
関西空港発着

飛行機:
CI(チャイナエアライン)
ホテル:シーザーメトロ台北
料金:約8万円(ひとり)

JALパック はこちら↓






続いて、お金の話!

通貨 レート 両替

通貨:台湾元(台湾ドル)


・ニュー台湾ドル(英: New Taiwan dollar)、あるいは新台湾ドル(しんたいわんドル)、台湾元(たいわんげん)は、台湾(中華民国)の通貨。
・1949年6月15日より発行。
・ISO 4217によりコードはTWDと表記され、略称としてNT$、新臺幣(新台幣)。
(ウィキペデア)



為替レート
・関西空港では約4円
・台湾では約3.7円でした
・ざっくり計算:円の4倍

台湾ドル→日本円はこちら
(約3.5円:2019年1月19日)

関空で両替台湾元 台湾ドル


両替:台湾でしましょう!


両替は台湾でしましょう!




次は入国手続き!

オンライン申請

●入国カード
・手書き用のカード
・オンライン申請↓
入國登記表 ARRIVAL CARD

*参考記事
●事前にオンライン申請していると少し楽かな。

●オンライン申請をしていれば、機内で配られる入国カードは受け取らなくても良いし、仮に受け取ってしまったとしても記入(提出)する必要なし




台湾到着!

1日目:台湾桃園空港


JTB スペシャル台湾

●現地ガイド:Yさん(男性)
「めちゃイケ」に出ていた三ちゃんに似ている
やや怪しい日本語

確か40代前半

●ツアー参加者:2名

●天候:雨




九份(きゅうふん)

九份 散策マップ

・ゴールドラッシュで湧いた街
・映画の舞台になったことで最注目
・ノスタルジックな街並みが見所


・雨の九份



宮崎駿のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルになったという噂もあり、日本の観光客への知名度が高まったほかに台湾でも知られ、「神隠少女 湯婆婆的湯屋」の看板がモデルとされる茶屋のそばに掲げられている。一方、スタジオジブリや宮崎により、これは公式に否定されている。(ウィキペディア)


・お茶屋さん



・花文字
花文字 九份 台湾 台北


・芋ぜんざい




士林夜市

・しりんよいち(シーリンイエシー)


・最大級の夜市

・おすすめサイト


台湾 台北 士林夜市 2018-12-23+19.32.52 台湾 台北 士林夜市2018-12-23+19.32.54
台湾 台北 士林夜市 2018-12-23+19.44.03台湾 台北 士林夜市 2018-12-23+19.56.16


以上で台湾旅行1日目、終了!

★続きはこちら↓



ご意見ご感想はこちら!

■旅の質問箱
メールフォームはこちら

■メールアドレス
shiawase2017express[at]gmail.com

■ツイッターはこちら

人見知り系バックパッカー「たっちゃん」へのご質問もお待ちしております。




この記事の下書きはこちら!




旅ラジオの収録や配信には

Radiotalkというアプリ(無料)を使っています。

このアプリが無くても再生ボタン(黄色)を押せば、聴くことができます。

ただ、アプリをダウンロードすれば、配信されたトーク(番組)が保存できるので、オフラインでも聴けます(推奨)。




また、Podcast(ポッドキャスト)やSpotify(スポティファイ)でも聴くことができます。
「アジアしあわせ特急」で検索してみてください。





最後まで

お読みいただき、
ありがとうございました。

このブログはリンク・シェアはフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。

これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!





スポンサードリンク