2017年4月17日 初回投稿。
2017年9月05日 一部修正。写真追加。
この記事の「下書き」はこちら!


行き方

チェンライのバスターミナルからバスが出ています。
料金:片道20バーツ
所要時間:約20分

ホワイトテンプル ワット・ロンクン (8)

入場料

地球の歩き方(2015)には無料と書かれていましたが、現在は50バーツ必要でした。
ワットロンクン入場料

ホワイトテンプル

正式名称:ワット・ロンクン
ホワイトテンプル ワット・ロンクン (4)ホワイトテンプル ワット・ロンクン (11)ホワイトテンプル ワット・ロンクン (13)
意味不明~。
ホワイトテンプル ワット・ロンクン (7)ホワイトテンプル ワット・ロンクン (2)
何なんだ~。
ホワイトテンプル ワット・ロンクン (10)ホワイトテンプル ワット・ロンクン (9)
ひぇ~。
ホワイトテンプル ワット・ロンクン (1)ホワイトテンプル ワット・ロンクン (6)


壁画

日本やアメリカの有名なキャラクターが仏陀と一緒に描かれていました(撮影禁止)。


現代アートと言うのか、宗教的に寛容であると言うのか、正直、コメントしにくいです。


おすすめ

日本の絵馬のようなものがあったので、記念に書いてきました。

30バーツ。

これから行かれる方は是非、どうぞ。

キラキラだし、お土産にも良いかもと思いました。

絵馬ホワイトテンプル ワット・ロンクン (5)

さいごに

お寺というよりテーマパークのような感じでした。

チェンライ市街よりもたくさんの人がいたように思います。

もし時間に余裕があれば行ってみても良いかなという場所でした。

ホワイトテンプル ワット・ロンクン (3)
↑やっぱり意味不明(^^)


この記事の「下書き」はこちら!


ホワイトテンプル  ワット・ロンクン  タイ  チェンライ



【関連記事】
国境の街チェンコーンでタイ20日間を振り返る



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!



スポンサーリンク