2017年4月19日 初回投稿。
2017年9月18日 修正追加。
この記事の下書きはこちら。


チェンライ

旧正月(ソンクラン)が関係しているのか、町全体がひっそりしている印象でした。

水をかけて回っている車を1台だけ見かけましたが、ソンクランっぽい大騒ぎはありませんでした。

チェンライを一言でいうなら「素朴な町」。
私は結構、好きです。

今回の記事では、チェンライからメーサイへのバス移動について報告します。


チェンライの第2ターミナル

「メーサイ行きはどのバスかなぁ」とキョロキョロしていると、おばちゃん(車掌さん)が私を見て、「メーサイ?カムカム」と手招きをするので、そのバスに乗車。

出発直前だったようで、すぐに発車しました。
チェンライからメーサイのバス

メーサイ行きのバス

料金は39バーツ
ほぼ満席
ほぼタイ人
古くて緑色のバスでした


検問あり!

途中で警官が1人、バスの中に入ってきました。

タイ人はIDカード、外国人はパスポートの提示を求められていました。ただ、全員というわけではなく、何人かを選んでいるようでした。

私は警官と「思いっきり」目が合いましたが、何も言われませんでした。

これから行かれる方は、念の為、パスポートを持参するようにしましょう。 


警官(Police officer)

突然、バスの中に警官が入ってくると緊張しました。

悪いことはしていないし、違法なものも持っていませんでしたが、「ドキッ」としました。

一瞬、「チェンマイでの無免許運転」が脳裏に浮かびました。でも、すぐに「それは全く関係ない~」って自分で否定しました(^^)


メーサイ着

約1時間30分でメーサイのバスターミナルに到着。

車掌のおばちゃんに「メーサイ?」と質問すると、「ミニバス(に乗っていくんだよ)」との返答だったので、すぐにソンテウ(ソンテオ)に乗り換えました(15バーツ)。

約10分ぐらいでメーサイに到着!

ミャンマーとの国境の街。
国境です、国境。
わくわくします!


まとめ

チェンライからメーサイへのバス移動は難しくありませんでした。

ただし、途中で検問があるため、パスポートを持参するようにしましょう。


チェンライからメーサイへ。検問あり。


スポンサードリンク