2017年4月24日 初回投稿
2017年8月11日 動画追加


【はじめに】

チェンコーンからファイサーイまでの移動については前回の記事に書きました。今回はファイサーイからルアンパバーンです。

移動手段はバスやスピードボートもありますが、ゆったり「優雅な船旅」になるかなと思ってスローボートにしました。1日目はファイサーイからパークベン、2日目はパークベンからルアンパバーンへの移動です。


【1日目】

ファイサーイの「slow boat ticket ofice」でチケットを購入。
11:30出発。
210000キープ(3000円弱)。
出発するまで少し時間があったんですが、とにかく暑かったです。

チケット

【船内】

 座席指定です!チケットに座席番号が書かれています。私の場合は28番でした。座席は古い車のシートを取り付けたような作りでした。狭くて、ガタガタ揺れまくりで、あんまり快適ではなかったです…。


日本から持ってきていた『巨流 アマゾンを遡れ』(高野秀行)を読了。この本をメコン川を下りながら読むって、なかなか良いものでした。欧米人たちはビールを持ち込んで飲んでいましたね~。
巨流アマゾンを遡れ:高野秀行



【パークベン】

ファイサーイから7時間ぐらいでパークベンに到着。長かったです~。ここで一泊しますが、チケット料金に宿代は含まれていないので、自分で宿を探すことになります。

船着き場には宿の客引きがいっぱいいました。その時点で私はかなり疲れていたし、「今から宿探しをするのも辛いなぁ」と思っていたので、 一番安い宿の客引きについて行きました。宿は正直、かなり古かったんですが、「一泊だし、まぁいいか」と自分を納得させました。

部屋に入って、シャワーを浴びて、WiFiの設定をしたんですが、電波が弱すぎ~。不安定~。途切れる~。「一泊だし、仕方ないね」と自分に言い聞かせて早目の就寝。


【2日目】
スローボートの出発は朝9時30分でしたが、壁側の席(川に面している方の席)に座りたかったので、船着き場には8時前に行きました。おかげで希望の席をゲット!1日目は座席指定でしたが、2日目は早いもの順でした。

0422 2日目のスローボート君

【船内】

8時の時点では、乗客も少なく、涼しくて、快適。乗船前に買ったサンドイッチを食べたんだけど、美味しかったです~。

ただ、段々と人が増えてきて、暑くなってきて、出発前には快適さゼロに。

ルアンパバーンまでの所要時間は約8時間。定員ギリギリまで乗せるし、座席は狭いしで、とても肩が凝りました。

お世辞にも「優雅な船旅」とは言い難いスローボートの移動でした(^^)
 

【ルアンパバーン】
船着き場からルアンパバーン中心部までトゥクトゥクで移動。
20000キープ(約270円) 

ダメもとで料金交渉を挑むも、即座にNO。ただ、20000キープの支払いをする列には外国人しか並んでいなかったので、現地価格は別にあるんだろうなとも思いました。

20000キープ


【まとめ】

・スローボートは退屈。本があると良い。
・2日目は早目に船着き場へ行こう。
・とにかく長かった。ホント疲れた。



スポンサードリンク