2017年04月26日 初回投稿。
2017年10月19日 加筆編集。


宿で朝食を食べていると…。

「日本人?ウォーターフォール行きたいだろ~。往復35000キープだよ」

と、ツアー会社の人が入ってきて、こう言いました。

「クアンシーの滝」については、ガイドブックやネット等で少しだけ知っていました。

それらには、「絶景」「エメラルドグリーン」「ルアンパバーンに来たなら行くべきスポット」等と書かれていました。

私は「絶対に行きたい」と思っていたわけではないんですが、その日、特に予定はなかったし、ツアー代金が案外、安かったこともあり、「行きま~す」と返事をしました。

この旅で初めてのツアー参加です。少しわくわく。


出発!

車(バン)で40分ほど移動すると到着。
「KUANSGI WATERFALL PARK」です。

その場で「3時間後に集合」とだけ言われ、後は自由行動でした。


自由行動スタート

赤い屋根の入口を過ぎてしばらく歩くと…。

滝1

熊の保護センター(Tat Kuang Si Bear Rescue Centre)があります。 
熊

そして、滝、滝、タッキーです。

滝2滝5
滝3


確かに

滝はきれいです。
癒されます。
マイナスイオンを感じます。

ただ、水着に着替えて泳ぐとか、山の中をハイキングするとかしないと、時間を持て余すかも~。


雨が降ってきたのもあって

一旦、入口まで戻ってきて、近くの蝶園(Kuang Si Falls Butterfly Park) へ歩いて行きました。

受付のお兄さんに「今日は雨が降ってるから、蝶を見るにはイマイチかなー」と言われたんですが、その言葉通り、蝶はほとんど飛んでいません。

ビックリするぐらい、いませんでした。

実は私、入場料を払ってないんですよね~。お兄さんから請求されませんでした。それは、蝶が飛んでいないからなのか、お兄さんが忘れていたからなのか…。


ようやく

集合時間となり、車に乗り込みました。

帰路の途中で運転手のおっちゃんが大きい蛇を見つけ、棒で叩いて捕まえていました。

「スープ、スープ!」「鶏肉みたいで美味しいよ!」と言って、はしゃいでました。大はしゃぎ。


感想

友だちや家族と一緒に行って、食事したり、ハイキングしたりするなら良いかもしれませんが、一人だとね~。

自由行動の「3時間」が長すぎるのよね~。

ただ、もしかしたら、滝がもっとエメラルドで、蝶が乱舞し、熊がダンスする(それはない)。そういう時期があるかも。

ちなみに今回の日帰りツアーで一番、印象に残っているのは、最後の「蛇捕獲スープスープ事件」でした(^^)

クランシーの滝 Kuang Si Falls ラオス ルアンパバーン

この記事の下書きはこちら。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これらかも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




スポンサーリンク