異変

ルアンパバーンからビエンチャンへの移動中に「何か痒いなぁ」と思っていたら、体中に…。腕もお腹も背中にも。

ズボンのゴム付近が特に酷いです。

かゆい


自己診断

最初はダニとか南京虫かなと考えました。

ただ、掻くとその部分がすごく熱くなるし、痒いところがどんどん移っていくので、「コレは蕁麻疹!」と思いました。


原因

正直、分かりません。

少し前から下痢だったので、変なものは食べてません(多分)。可能性のある食べ物と言えば、鳥の串焼きぐらいでしょうか。

あと、料理と一緒に出てくる生野菜を少し食べましたが、蕁麻疹とは関係ないと思います。


「謎のつぶつぶ」?

もし、ダニとか南京虫だったら、メーサイの安宿かも。

そこに2泊してます。

部屋全体が湿っぽくて、ベッドは粉っぽい感じがしました。

「結構、長い間、誰も泊まってないんだろうなぁ~」って部屋でした。

あの「謎のつぶつぶ」が原因かも~。

その他の宿でもダニを何度か見かけていました。


とりあえず

近くの薬局へ行き、症状を見せて「抗ヒスタミン剤」を購入。

それと、日本から持参していた「ム○」(かゆみ止めの薬)を塗って、しばらく様子を見ることにしました。

宿のスタッフも、「どこで寝てたんだ?」「bedbug(南京虫)か?」と心配してくれ、シーツを一度、交換してくれました。


相談

でもまぁ心配なので、日本にいる知り合いの看護師や友達にメールで相談しました。

・看護師Nさん
「胃腸障害、疲れかな。蕁麻疹は日焼けとか虫刺されでも出るよ。蕁麻疹=アレルギー反応だしね。脂っこい食べ物、香辛料、アルコールは控えて、ゆっくり休むことかな。それでも治らなくて、もし熱が出てきたら病院に行かないとね。」


・看護師Hさん
「蕁麻疹ではなくてダニかも。ストロイドの塗り薬が効くよ。顔に発疹が出てないならダニとかの虫かな。」


・Sさん(医療系全くの素人)
「蕁麻疹をやっつけるぐらいの気持ちが大切。お大事に。」


・Oさん(医療系全くの素人)
「熱があるなら病院でカルシウム注射が良いです。すぐ治ります。」


回復の兆し

SさんとOさんのアドバイスは軽くスル~させてもらいました(^^)

それで、とにかく体を休めることに専念しました。「これでもか」ってぐらい、ゆっくりしました。

薬局でもらった薬を飲むと眠くなるので毎日、爆睡です。

おかげで少しずつ回復してきました。

NさんHさん、ありがとうございました。

もう大丈夫かなと思います。

回復の兆し!


2017年05月04日 初回投稿。
2017年10月26日 一部修正。



【関連記事】
首都ビエンチャンでラオス14日間を振り返る



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




スポンサーリンク