*Radiotalk↓


*iPhone→こちら



はじめに

皆さん、こんにちは。

人見知り全くしない系バックパッカーの部長
@shiawase2017です。

今回の旅ラジオは、新婚旅行シリーズの最終回。

前回の放送では「出国審査がなかった」「アメリカを出国していないことになってる?」など、不安や疑問が残ったまま、収録を終えていました。

今回は、その続きです。



JALへの質問メール

4月28日に、ラスベガスから口サンゼルスで乗り換えて関空までJALを利用しました。

ロサンゼルス空港で国内線から国際線に乗り換える際、JALパックの送迎のガイドさんから教えて頂いた、地下通路の様なところを通って国際線ターミナルに乗り換えました。

出国審査や手荷物検査などはなく、ターミナルに着きそのまま搭乗することができたのですが、出国審査は受けなくても大丈夫だったのでしょうか。

また、アメリカから出国の場合には出国審査は必要ないのでしょうか。

加えて、次回アメリカ入国時には問題ないのでしょうか。



JALからの回答メール

いつもJALグループをご利用いただき、ありがとうございます。

米国から出国する際は、出国審査ならびに税関検査はございません。

恐縮ではございますが、次回の入国可否については、航空会社では確認できませんため、詳細な確認をご希望の場合は、米国大使館へお問い合わせくださいますようお願いいたします。



まとめ(1)

アメリカから出国する際、出国審査や税関検査はありません。



「乗り換えのご案内」

たっちゃんは、ラスベガスの現地ガイドさんから、「ロサンゼルス空港でのアメリカ国内線から国際線(JAL)への乗り換えのご案内」と書かれた紙を受け取ったようです。

それがこちら↓
「ロサンゼルス空港での乗り換えのご案内」


確かに

ロサンゼルスの空港はターミナルがたくさんあって、迷いそうなので、こういう案内があると、旅行者としては非常に助かると思います。

それにしてもですよ。

「地下通路」という言葉、怪し過ぎませんか~?。

「秘密結社のメンバーが人目を避けて移動するための通路」みたいに感じるのは、私(部長)だけでしょうか???



もしかしたら

「地下通路」だけだったら、そんなに怪しく感じなかったかもしれません。

でも、「地下通路」と「出国審査を受けていない」が組み合わさって、余計に『怪しい』と感じたのかも…。



代替案

「地下通路」の代わりに、
「地下の通路」「地下にある通路」は、どうですかね~。



まとめ(2)

・「地下通路」は怪しい(^^)




お便り募集中!

「アジアしあわせ特急」では皆様からのご意見やご感想を募集しています。

旅に関することでも、ふつおた(普通のお便り)でもOKです。

メールフォームはこちら
■メールアドレス
shiawase2017express[at]gmail.com
■ツイッターはこちら

■質問箱は↓


人見知り系バックパッカー「たっちゃん」への人見知り系なご質問もお待ちしております。



旅ラジオの収録や配信には

Radiotalkというアプリ(無料)を使っています。

このアプリが無くても再生ボタン(黄色)を押せば、聴くことができます。



ただ、アプリをダウンロードすれば、配信されたトーク(番組)が保存できるので、オフラインでも聴けます(推奨)。

また、Podcast(ポッドキャスト)やSpotify(スポティファイ)でも聴くことができます。「アジアしあわせ特急」で検索してみてください。



最後まで

お読みいただき、
ありがとうございました。

このブログはリンク・シェアはフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。

これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

それにしても「地下通路」は怪しいやろ(^^)




スポンサードリンク