はじめに

2017年5月現在、日本人(日本国籍者)は15日以内の滞在であればベトナムのビザが免除されます。

つまりビザ不要です。


5月1日

私は「15日では少し足らないかな」と思っていたので、1か月のビザを取ることにしました。

宿から歩いて20分ぐらいの所にベトナム大使館があったので、「申請に行こう」と思って宿を出ようとした瞬間、「Vietnamese Visa Online Services」を発見!

コレは宿の受付にポツンと置かれていました。

ベトナムビザ Vietnamese Visa Online Services


悩む

自分で行くと60ドル。
コレだと55ドル。

仕組みはよく分からないけど少し安いし、後日、大使館に取りに行くのも手間だしなぁと悩んだ末、コレに申し込んでしまいました。

宿からバスターミナルまでの料金(トゥクトゥク)も含まれているとのことでした。


手続き

まずは宿の受付に30ドルを支払います。

次に申請用紙への記入。

全て英語なので分からない単語をスマホで調べたり、かなり苦労しました。

最後に写真。日本から持ってきていた証明写真を2枚添えて受付に渡します。

パスポートを提出する必要はなかったんですが、その代わり?なのか、受付の人がスマホでパスポートの写真(名前とか番号とかのページ)を撮っていました。

これで完了!
と思っていたら翌日…。


5月2日

宿の人から「ビザのピックアップに追加で10ドル必要」と言われました。

私は「やっぱり自分で申請に行った方が安かったんや~」と後悔(遅いけど)。

受付に置いてある紙をよ~く見ると、一番下に「一日5ドル追加」って書いてありました。

持って行ってもらって、取りに行ってもらうので合計2日。

計10ドル追加ですね。

私が見落としていたんですが、心の中で「最初からコミコミ料金で書いておいてよ~」と叫んでしまいました



5月4日
(ハノイ行きの夜行バスに乗る日)

手続きの際、「4日の朝には届く」と宿の人が言ってたので受付へ行くと、「夕方の5時に届く」と言われ、やや不安になる。


さらに

夕方、受付へ行くと、宿の人から40000キープ(約500円)を手渡される。

「バスターミナルまで送ってくれるドライバーが、あなたのビザを持ってきてくれるので、その時、ドライバーに5ドル(約40000キープ・約500円)支払ってくれ」と言われました。

どういうこと~???。
かなり不安が増しました。 


まとめ

ビエンチャンでベトナムビザを申請する場合は、
自分で大使館へ行きましょう。 

ややこしいです。


つづく

この話には、まだまだ続きがあります。

バスに乗って、国境へ行って、ビザもらって、イミグレを通過して、またまたバスに乗って…。

続きは、ビエンチャン→ハノイ:24時間バスで移動(1)をご覧ください。

Vietnamese Visa Online Services ベトナムビザ

2017年05月08日 初回投稿。
2017年10月27日 一部修正。
この記事の下書きはこちら。



【関連記事】
首都ビエンチャンでラオス14日間を振り返る



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




スポンサーリンク