ハノイ行きのバス

【バス】

料金:18万キープ(約2500円)
出発時刻:午後5時
到着時刻:午後5時
*つまり24時間バス! 
*チケットは事前に宿で購入。 
バスチケット

【前回の記事】

ベトナムビザを宿で申請したという話。
今回はその続きです。


【バスターミナルへ】
 5/4の夕刻。
トゥクトゥクのドライバーが宿に到着。
予定の時刻を少し過ぎていました。
その後、いくつかの宿でお客をピックアップしながらバスターミナルへ。

ドライバーは、時には反対車線を走り、時にはスピードを上げ、かなり攻めの運転をしていたので、乗客がザワザワ。時間がギリギリで焦っていたようです。


【バスターミナル到着】
 このドライバーからベトナムビザの代わりに「ビザ発行証明書(正式名称不明)」を受け取りました。

しかし「例の5ドル」は請求されませんでした。
私から声をかけるタイミングもなかったので結局、払いませんでした。

あれは一体、何だったのか…。まぁいいか。


【バスに乗り込む】
チケットを見せてバスの中へ。
時間がギリギリで私を含めた3名が最後の乗客のようでした。
3列で上下2段の狭~いリクライニングシートでした。 

我々3名は一番後ろの上段の「3席つながった場所」でした。
最悪~。
つながってる~。
狭すぎる~。

身長185cmの白人女性タニア
大柄の白人男性ステファン
小太りの私
タニアとステファンと私

 【バス発車】
出発してすぐに消灯。
寝るしかなかったんですが、狭すぎて全く寝れません。
ステファンと私の腕が触れ合うんです…。
助けて~。

【国境到着】
意識が朦朧(もうろう)とする中、午前5時頃に国境到着。
ただし、国境が開くのは8時とのこと。
停車した車内で待つことに…。


【ラオス出国】
7時頃、車掌から案内があり、全員下車。
出国カウンターに並びました。
しかし、全く進みません。
係員の仕事が遅すぎます!
結局、1時間半かかって、ようやく出国できました。
出国カードに記入はしましたが、係員からは何も質問されず、出国スタンプを押されるだけでした。

「出国した!次は入国だ!」みたいな高揚感は全くありませんでした。周囲には何やら重たい空気が漂ってる気がしました。
ラオス出国


【つづく】
この話はまだまだ続きがあります~。

この記事の下書きはこちら。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このブログはリンク・シェア・転送フリーです。ブログ管理人への連絡も不要です。
今後も「アジアしあわせ特急」を宜しくお願いいたします。



スポンサーリンク