前回の記事

宿からラオス出国までのお話でした。

今回はその続きです。



ラオス出国後

ベトナムのイミグレまでは歩いて移動。
その間、約500メートル。

途中、人が住めそうな施設や、かつてはイミグレだったのかと思われる大きなガラス張りの建物(今は廃墟)がありました。

この500メートルの移動中は、正式に言えば「どこにも入国していない」状態。

霧がかかっていたせいもあってか、変な緊張感がありました。



入国審査

ここで「も」、かなり待たされる。

ベトナムビザ 「ビザ発行証明書」 ©アジアしあわせ特急



そして、やっと私の番

例の「ビザ発行証明書」をパスポートにはさんで係員に渡す。

「25ドル払え」と言われたので支払う。

ただ、手続きに時間がかかるようで(チャチャっとすればすぐに終わると思うけど)、結局、一番最後に回されて、かなり待つことに。


同じような人が4人いて一緒に待たされました。




ちなみに

私は「ビザ発行証明書」を印刷された状態(つまり紙)で持っていましたが、別の人は電子データで持っていて、スマホの画面を係員に見せていました。


その人は「隣のカウンターで1ドル払って印刷してくるように」と言われていました。



「ようやく」「ついに」

パスポートを受け取る。

ベトナムビザが貼り付けられています!

係員は「ちゃんと一ヶ月で許可してるからな」と言っていました。

ベトナムビザ

入国カードなし。

荷物チェックなし(専用の機械はあったんですが…)。



1ドル

係員は「ビザ(スタンプ)に1ドル必要」と言って、みんなは1ドル払ってました。

この1ドルですが、本当に必要なのかは不明。

25ドルを払っていた私たち4人は要求されませんでした。

ベトナム入国 パスポート イミグレ

そんなこんなでベトナムに入国しましたが…。



バスを待つ

入国審査が終わると再びバスに乗ります。

でも、バスは来ません。

暗い雰囲気。

「入国した!」と心躍る気持ちはゼロ。

バスを待つ



ハノイへ

40分ぐらい待ってようやくバスが到着。

乗客はみんな足取り重くバスに乗り込みました。

この時点で朝の10時頃。

あと2時間ぐらいでハノイ。バスの中より。

疲れたからなのか、バスに慣れたからなのか、ここからは眠れました。

そして、ようやくようやく、ハノイのバスターミナルに到着。

やっと着きました。



さいごに

ビエンチャンからハノイへのバス移動。

これにて終了です。

「疲れた~」

「それにしても、国境は空気が重かった…」




【関連記事】
ビエンチャンでベトナムビザ(1か月)を取る


ビエンチャン→ハノイ:24時間バスで移動(1)


満喫!ホーチミンでベトナム30日間を振り返る




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!



2017年05月12日 初回投稿。
2017年08月27日 一部修正。
2017年11月28日 一部修正。
この記事の下書きはこちら。