歩く

ハノイの宿をチェックアウト。

歩いて、ルオンイエンバスターミナルへ。

地図で見ると近いと思ったが、中々着かない。


聞く

途中でバイクタクシーのおっちゃんに、「バスターミナル?」と指差す(質問する)と、「バイチャイ行きはないぞ」「(反対の)ザーラムバスターミナルだ!」と言われ、やや不安になる。

バイクに乗せようと「嘘をついてるなぁ~」と思い、その場はスルー。


再び聞く

しばらく歩いて汗だくになっているところに、また別のバイクタクシーのおっちゃんに声をかけられる。

同じ質問をすると「ルオンイエンからのバスは2年前になくなった」「バイチャイへはザーラムからしか行けないぞ!」と言われる。


乗る

半信半疑ながらも「2人ともそう言うのなら信じてみるか」という気になり、そのおっちゃんのバイクに乗る。

10万ドン(約500円)でザーラムバスターミナルへ。

到着後、「20万にして!」と言われるが、10万ドンのみを払う(^^)


乗る:ザーラム→バイチャイ

料金:12万5000ドン(約650円)
時間:約3時間30分

幸い空いていたので荷物を隣の席に置く。

途中、車酔いで気持ち悪くなりながらも、何とかバイチャイバスターミナルに到着。


広告:世界最大の口コミ旅行サイト
TripAdvisor(トリップアドバイザー)


聞く

ここから市街地は離れているので、再びバスで移動しようと思い、売店のおばちゃんに「ハロン!」と言うと、赤いバスを指差し、売店の兄ちゃんが赤いバスの所まで連れて行ってくれる。


乗る

赤いバスに乗り込んで10万ドンを支払う。

すぐに出発。


確認する

少ししてから、GPSで現在地を確認すると、
今、来た道を戻ってる~!


聞く

慌ててバスの兄ちゃんに聞くと「ハノイ行きだ」と言う。

近くにいた乗客みんな爆笑。

「タクシーで行きな」と、タクシー乗り場で降ろしてくれる。
10万ドンの返却なし。


乗る

反対車線のタクシー乗り場まで行くと、タイミング良く、ローカルバスが止まってる。

「バイチャイに行きたい」と伝えると、「乗りな!」というジャスチャー。

4万ドン(約200円)払ってバスに乗る。

バスの中で「市街地まで行きたい」と伝えると、バイチャイ近くのタクシー乗り場で降ろされる。


乗る

市街地まではローカルバスでは行けず、タクシーで行くしかなかったようです。

タクシーに乗り込み、ようやく宿に到着。

タクシーはメーターで8万ドン(約400円)。


原因
 
①下調べ不足
②売店のおばちゃんに「ハロン」と言ったつもりが、「ハノイ」と聞こえていた…。


対策

予定の倍ぐらいのお金を使ってしまったので、今後、このようなことなないように「一人反省会」をする。

333


まとめ
 
333(バーバーバー)を飲みながら、「でもまぁ、こういう珍道中も面白いよなぁ」「バックパッカーならではよなぁ」と自分に言い聞かせる。

ベトナムビール、最高!

一人反省会

2017年05月18日 初回投稿。
2017年11月23日 一部修正。
この記事の下書きはこちら


【関連記事】
満喫!ホーチミンでベトナム30日間を振り返る


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




スポンサーリンク