はじめに

皆さん、こんにちは。

人見知り全くしない系バックパッカーの部長
@shiawase2017です。

今回はコレ↓
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (9)

ワット・パクナム
・Wat Paknam
・バンコクにある寺院
・インスタ映えスポットしても有名
・日本人率が高かった。



バンコク一人旅シリーズは、今回で第9弾!
まとめ記事は↓





ワット・パクナムへの行き方

現地発のツアー を利用する。
・日本語ガイド付き
・安心
・旅慣れていない人はコレ!
・それなりの料金が必要


自力で行く。
・日本語ガイドなし
・不安あり(^^)
・バックパッカーっぽい旅をしたい人はコレ!
・めちゃ安い


以下、自力で行く方法!

BTS(高架鉄道)

タラートプルー(Talat Phlu)駅で下車

2番出口

階段を降りたらソンテウ乗り場あり

*ソンテウ、ソンテオ(タイ語: สองแถว, songthaew)とは、タイで広く普及している、小型トラックの荷台を改造して旅客用とした乗り物である。乗合バス又は乗合タクシーに相当する。また、一般のタクシーのような利用が可能な地域もある。タイ国外にも同様のものがある。(ウィキペディアより)



【重要】ソンテウは赤

バンコク ワットパクナム 赤のソンテウ

・白ソンテウも走っていたので間違わないようにね。

・念の為、赤ソンテウの運転手さんに「ワットパクナム?」と聞きましょう。

・所要時間:15~20分

・料金:8バーツ(約28円)







徒歩で移動

ソンテウの運転手さんが「ここだよ」とゼスチャーで教えてくれたので降りる。

しばらく歩くと↓
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (1)

さらに歩くと↓
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (3)

さらに歩くと↓
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (4)

これが大仏塔↓
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (5)

ここの5階へ行くと↓
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (10)
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (11)
バンコク ワットパクナム Wat Paknam (12)

とっても幻想的で、「あ~来てよかったなぁ~」って純粋に思いました。

それと、床に座って見るのはOKですが、寝そべって見るのはNGです。

私(部長)は、仰向けに寝ながら天井を見ていたら、係の人に注意されました。






ワットパクナムについて

バンコク ワットパクナム Wat Paknam (8)




ワットパクナムの地図

バンコク ワットパクナム Wat Paknam (2)
(クリックすると拡大されます)


⑪の大仏塔(緑ガラス仏塔)以外に、①の本堂も超おすすめ!

是非、行ってほしいです↓






帰り

来た道を戻って、
このおっちゃんに「BTS?」と聞くと、「セブンイレブン」と言いながら、その方向を指さしてくれました。

おっちゃん、ありがとう。

バンコク ワットパクナム Wat Paknam (1)

少し歩くと、セブンイレブンがありました。

すぐに、満員のソンテウが到着。

運転手さんに「BTS?」と聞くと、「乗れ~」というゼスチャー。

しばらく行くと、BTSの駅に到着。

駅の名前は、Bang Wa(バンワー)。

えっ?

てっきり、タラートプルー(Talat Phlu)駅に着くと思っていたんだけど…。

まぁええか(^^)




面白いかも!

バンコク ワットパクナム Wat Paknam 船 ボート Boat Landing

日本に帰国後の話。

ワットパクナムの地図(写真)を眺めていると、⑩Boat Landingの文字を発見!

船着き場?

もしかして!と思ってネットで調べてみると、水上バスで行く方法が掲載されていました。

こういう情報って、バックパッカー魂に火が付くよね

機会があれば、是非、水上バスで行ってみたいです。

もし、「ワットパクナムへ水上バスで行った」という人がいましたら、その時の様子などを教えてください。お願いします。

*参照したブログ







映える写真、大募集!

旅先で撮ったフォトジェニックな写真を送ってくださ~い。

自慢しまくってOKです(^^)

■ツイッターは
こちら
(#旅ラジオ #アジアしあわせ特急)
■メールフォームはこちら
■メールアドレス
shiawase2017express[at]gmail.com


また、「〇〇へ行く時、
現地発のツアーはあったけど何とか自力で行った!」みたいなメッセージも待ってますよ~。



おわりに

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェアはフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。

これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。




バンコク一人旅2019




スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット