前回の記事の続きです。

いきなりですが「動物の市」。
正直、カルチャーショックを受けました。

動物の市 鶏



動物の市 ひよこ
ひよこ


動物の市 豚



動物の市 
おそらく豚


動物の市 牛


【動物の市:感想】
ここは観光客向けではなく、現地の人向けの市のようでした。

また、動物を日本のように「ペットとして可愛がる」という考え方は恐らく無い(非常に少ない)のではないかとも思いました。

文化や生活習慣の違いについては頭では理解していたつもりでしたが、実際に自分の目で見ると、複雑な気持ちになりました。


【ここでも活躍】
その後、マーケットを散策。
プリンターおじさんが、店員の写真を印刷し始めたので、私は一人でぶらぶらと歩く。


【フルーツ】
少し前にベトナムで出会った日本人が「サンデーマーケットのフルーツは安くて旨かった」と言っていたのを思い出し、購入。

ドラゴンフルーツ
マンゴー
両方で2万ドン(約100円)

階段の日陰に座る。この旅、初めて使う折りたたみナイフ(日本から持参)で皮をむく。

日本から持参の折りたたみナイフをこの旅で初めて使う。


まずはドラゴンフルーツ。
う~ん。あまり美味しくない。甘くない。ものすご~く薄い梨みたいな味。でも水分がとっても多く、喉が潤いました!

ドラゴンフルーツ @サンデーマーケット


続いて、マンゴー。
よく熟していて旨い!タイで食べたマンゴーは硬くて瓜みたいでしたが、コレは柔らかくてトロッとした果汁が最高。確かに旨い。今後もマンゴーを見かけたら買おうかなと思いました。

マンゴー@サンデーマーケット


そうこうしているうちに集合の時間となりました。我々のバスはバックハーを後にし、中国との国境の街ラオカイへ向かうのでした。


【橋の見学】
国境には橋が架かっています。
橋の向こうは中国雲南省。
今回の旅で訪れる予定がなかったためか、大きなワクワク感はありませんでした。


【花モン族の村】
バスで移動し、少数民族の村へ。

着いたのは道路沿いにある5~6軒だけの小さな集落。ここはカットカット村のように観光地化されていませんが、我々以外にもツアー客がたくさん来ていました。

花モン族の村

花モン族の人たちが生活している家の中を見せてもらいました。どの家にも神棚のようなものがあって、「シャーマンが来る」と言っていました。

花モン族の村②


【最後に】
以上
でサンデーマーケットの報告を終わります。

前編は「カラフル」
後編は「動物の市」

この二つは対照的だな~。
う~ん。
色々と考えさせられた一日でした。




スポンサードリンク