2017年6月10日 初回投稿。
2017年8月31日 一部修正。
この記事の下書きはこちら。



いろいろ

出発:朝8時
片道:約2時間30分
天気:快晴&ハンパない暑さ

料金:6ドル(英語ガイド付)
入場料:11万ドン(約530円)をバスの中でガイドに支払う


予習

行きのバスで「チラ見の世界史」を聞く。
sekachiraart
クチはベトナム戦争の際、アメリカ軍が介入した南ベトナムの民主主義勢力と、北ベトナムの共産主義勢力が戦闘を行った地。今もベトナム兵がゲリラ戦に用いたトンネル等が残っています。


何となく

深い森の中にトンネルがポツンポツンと点在しているようなイメージだったので、ガイドがいないとトンネルがどこか分からないかも~と思って、ガイド付きのツアーに申し込みました。
クチトンネル (1)
でもそんな心配は無用でした。

クチトンネルは完全に観光地化されていて、一人で行っても回れたと思います。

往復のローカルバスさえ調べておけば、もっと安く行けます。

まあ、ガイドがいたおかげで効率よく回れたし、説明も聞けたので、これも良しとします。


見る

地雷を作る様子や、トンネルの構造、落とし穴などを見ることができます。
クチトンネル (2)
クチトンネル (6)
クチトンネル (3)
クチトンネル (4)

トンネルに入る

実際、トンネルの中に入ることもできます。

トンネルは、2メートルほどの深さで、蜘蛛の巣状に張り巡らされています。

中腰になりながら、時には膝をついて進みます。

明かりも無く真っ暗で、前の人と少しでも離れてしまうと何も見えなくなります。
クチトンネル (5)
暗さと閉塞感で息が詰まります。

こんな所に潜り込んで戦っていたベトナム兵は、さぞ強かっただろうと感じました。

5~10分ほどトンネルを進むと、リュックを背負った私には通れなさそうな狭さになってきました。

暑さと息苦しさもあり、ここで諦めて階段を上がりました。


試食

外に出るとガイドが、ふかしたキャッサバ(芋)を持ってきてくれました。ほんのり甘いジャガイモのような味。当時、ベトナム兵が食べていたとのことでした。
クチトンネル (8)


当時の映像

出口付近で約10分の映像を見て、終了。


解散

時間:15:00頃
場所:ホーチミン博物館付近


まとめ

クチトンネル (9)
学生時代、歴史の授業は苦手でしたが、実際に行って、見て、体験すると興味が出るし、もっと知りたいと思いました。

「チラ見の世界史」の予習は、とても役に立ちました。



この記事の下書きはこちら。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このブログはリンク・シェア・転送フリーです。ブログ管理人への連絡も不要です。
今後も「アジアしあわせ特急」を宜しくお願いいたします。



スポンサーリンク