バスの予約

プノンペンからシェムリアップへ!
前日に宿の近くの旅行会社でバスを予約。

10ドル。
「9:30発だから、ピックアップは8:45ね」と言われ、チケットを受け取る。



当日の朝

8:45 ピックアップに来ません~。

もう来るだろう、もう来るだろうと思っているうちに・・・。

9:00 来ませ~ん。
9:10 全然来ません。
9:20 ・・・。

おかしい!
これはどう考えてもおかしい!



相談

近くにいたトゥクトゥクのおっちゃんに相談してみました。

「まだピックアップが来ないんだけど〜」
「え、それはおかしいなあ」

「悪いんだけど、この旅行会社に電話してくれない?」
(旅行会社は格子が閉まっていました)
「この時間に閉まってるってことは、今日はここ、クローズだぞ」

「ええ〜」「マジ~」「困る~」
「よし。電話してみるよ」

「ありがと~」

しかし、電話はなかなか繋がらない…。



おっちゃん会議

そうこうしているうちに、新聞を売っていた別のおっちゃんがやってきて、あれこれ話しています。

さらに、別の友達らしき人もやって来て、ああだこうだ話しています。

会議1


しばらくすると会議の結論が出たようです。
「乗ってけ!バス停まで行く!」と言うおっちゃん。


(どうしよう…。怪しい気もするし…。単にバスが遅れているだけだったら…。もう少し待っていたら旅行会社と連絡とれるかも…)


でも、電話も会議もしてくれたしなー。よし、今回はおっちゃんを信じてみよう!と決め、私はトゥクトゥクに乗り込みました。



広告:参加者の92%が女子一人旅!
ヨガ、ハーブ、瞑想、スパ、占い、世界遺産





Not good

しばらくして、バス停に到着。
おっちゃんと一緒に受付カウンターへ行き、チケットを見せます。

言葉は分かりませんでしたが、凄い勢いでまくし立てられました。
おっちゃんを見ると首を横に振っています。

トゥクトゥクに戻ると、「Not good」。
おっちゃんは悲しそうな顔をしていました。

「そのバスは9:00に出たらしい」
「えー。9:30って書いてるのに!?」

もうちょっと粘って、返金の交渉をしようかとも思ったんですが、どうやら旅行会社のミスのようです。

ここの受付カウンターに文句を言っても仕方ないし、旅行会社は開いてないし…。



Let's go

今日はもう無理かな~、プノンペンにもう一泊かな~と思っているとおっちゃんが、「シェムリアップに行けるぞ!バスがあるぞ! Let's go!」と言います。

再びトゥクトゥクに乗って移動。
本当にバスがありました!
11:00発!

プノンペン シェムリアップ バス

明日まで待って旅行会社の不正を暴きたい気持ちもありましたが、返ってくるか分からないバス代の10ドルのために、もう一泊の宿代を払うのもなあ~と思い、行くことに決めました!

バスの車内

地元の人が利用する、かなり古めのバス。
10ドルでした。

バスのチケット



Japan is nice !

バスが出発するまでの間、お世話になったおっちゃんにコーラを買って、一緒に飲みました。

美味しかった~。

お互い、拙い英語でしたが、おっちゃんは日本で服を作る仕事をしていたことがあるそうで、「Japan is nice」と言っていました。

今回は、優しいおっちゃん達に助けられました。
本当にありがとう。

そう言えば、チェンマイで道に迷った時には優しいおばちゃんに助けられたなぁ~。



さいごに

会議2

旅にも移動にもチケット購入にも慣れて、正直、油断していました。

今回の10ドルは「旅の授業料」ということにしておきます。





最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「面白かった~」「へぇ~」と思われましたらOsushiを送っていただけると嬉しいです。
(投げ銭サービス:0円~、詳細はこちら
お寿司を送る

なお、このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




【関連記事】
・旅の人1:「変人ですね」
・旅の人2:プリンターおじさん
・旅の人3:シクロドライバー
・旅の人5:トルファン


2017年7月3日 初回投稿。
2018年1月2日 一部修正。
この記事の下書きはこちら。





スポンサードリンク