【おっちゃんには】
とてもお世話になったので50ドルを渡して別れました。そうなんです。元気になったら戻って来ればいいんです。でも、本当に戻って来れるんだろうか…。この時は一度、帰国したら、もうここには戻って来れないような気がしていました…。


緊急帰国前夜5

【宿に戻り】
部屋のベッドで、しばらく眠りました。1時間ほどで目が覚めたので、帰国便を探すことに。できるだけ早く…と思って探していると翌日の昼前に出発する便がありました。

【帰国便】
・中国南方航空
・広州空港(中国)で乗り換えて関西空港へ
・エクスペディアのアプリで購入
・約5万円

REP→広州 広州→KIX

【旅の途中で】
一時帰国してしまうことになったので、残念な気持ちだとか、これまでの旅の思い出だとか、色々と思いを馳せることがありそうなんですが、この時は、ただただボーっとして考えがまとまりませんでした。現実味がない感じでした。そして正直なところ、少し安心した部分もありました。

【出発日の体調】
お腹にハリがあり、食欲もありませんでした。でも、痛みも辛さもなく「普通な感じ」でした。「あれ?コレって帰国する必要あるのかな?」と思う程でした。

【帰国】
トゥクトゥクに乗ってシェムリアップ空港へ。新しく綺麗な空港でした。カンボジアの出国手続き、広州空港での乗り換え等も特に問題なし。本を読んだり、ボーっとしていたら関西空港に到着しました。「あっさり帰って来れるもんだなあ…」って思いました。

なお、帰国日の様子については、こちらの記事をご覧ください。



(つづく)
*次回の記事が最終回です。