緊急帰国前夜2はこちら。
緊急帰国前夜3はこちら。
緊急帰国前夜4はこちら。
緊急帰国前夜5はこちら。
緊急帰国前夜6はこちら。

2017年7月22日 初回投稿。
2017年9月16日 一部修正。

はじめに

緊急帰国前夜6(最終回)」を読まれた方から、「日本の病院には行ったの?」「日本で検査したの?」等のメッセージをいただきました。

すいません。書き忘れていました。

そこで今回は、緊急帰国後、日本の病院に行って検査してきたよ、というお話です。

緊急帰国前夜7(番外編)

内科のドクターより

・カンボジアではドクターに膵臓(すいぞう)が弱っていると言われたようだけど、もし膵炎だったら、放っといて症状が収まるものではないです。

・たしかに白血球の数値は悪いけれど、直前に嘔吐していたり、体にストレスがかかったりすることで、一時的に数値が悪くなることもあります。

・日本での血液検査の結果は「異状なし」です。

・カンボジアでの検査結果を見ると、ピロリ菌が陽性(POSITIVE)になっているので、胃腸科へ行って検査してください。
ピロリ菌
・薬は整腸剤を出しておきます。

・特に何もなければ内科には、もう来なくて良いです。


胃腸科

診察結果:胃炎
ピロリ菌:一週間、薬を飲んで除菌しました
現在:胃薬を服用中(写真)
胃の調子:今でもほんの少し痛い時はありますが、ほとんど気になりません。
再検査:8月


それと、胃腸科のドクターから「カンボジアにはもう行かないですか」と何度も聞かれました。

その質問の意図はよく分かりませんでしたが、「そんな所にもう行かない方が良い」というニュアンスが含まれていたように思えました。

私の本音は「カンボジアかどうかは分かりませんが、アジアには行きます」でしたが、何となく「もう行かないです」と答えておきました。
胃薬

最後に

現在(2017年7月)は、すっかり元気です!

大丈夫です!

内科はOKだったし、胃腸科の再検査も多分、異常なしだと思います。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このブログはリンク・シェア・転送フリーです。ブログ管理人への連絡も不要です。
今後も「アジアしあわせ特急」を宜しくお願いいたします。



スポンサーリンク