この記事の下書きはこちら。


無事到着

途中で検問がありながらも、チェンライからのバスは無事、メーサイに到着。雨の中のバス移動でした。

特にトラブルがなくても、到着するとホッとします。
同時にワクワクもします。


メーサイ

ひっそりしていたチェンライとは違って、メーサイはかなり騒がしい街です。


とりわけ人やバイク、そして荷物を満載した車が列になっている所がありました。

ミャンマーとの国境です。

大きな門と警官らしき人も多くいて物々しい雰囲気でした。


ミャンマーへの入国について

調べた情報によると、ミャンマーへの入国にはビザが必要(日本国籍)ですが、メーサイからはビザなしで「タチレク」という町に入れるようです。


ただ私は、ミャンマーには後日、ビザを取って訪れる予定だったので、この時はパスしました。

その後、緊急帰国することになったので結局、ミャンマーには行けませんでした。かなり後悔。

日帰りでも「タチレク」にも行ったら良かった~。


安宿を探す!

インターネットに「安い」と書かれていた宿(ゲストハウス)へ向かいます!


メインの通りを抜けて、アーケードのあるマーケットへ。だんだんとローカルな雰囲気になってきます(いい感じ!)。

タイの中でもかなり辺境の地ですが、バックパックを背負った外国人観光客を割と目にしました。

辺境だけあって食堂のメニュー等には英語表記がなく少し困りました…。


安宿を探す!!

マーケットを抜け、住宅地を抜けるにつれ、どんどんと人気が少なくなってきました。


かなりローカル(と言うかただの田舎かな)になってきた所に公園があり、その向こうはサーイ川。さらにその向こうにはミャンマーの街並みが見えます。

公園には立派な看板がありました。
『THE NORTHERN MOST POINT OF THAILAND』
日本語では『タイ最北端』かな。

思えば遠くへ来たものです(^^)

メーサイ タイ最北端 THE NORTHERN MOST POINT OF THAILAND


安宿を探す!!!

さらに、細い山道を抜けると今日の宿に到着です。

ネットのホテル予約サイトでは、メーサイ周辺の安宿を見つけることができなかったので、いくつかのブログを参考に決めさせてもらいました。


この宿にすると決めていたので部屋を見ずにチェックイン!


宿の雰囲気:まずまず

・サーイ川沿いの立地
・川のせせらぎが聞こえます

・竹でできた小屋(外観◎)
メーサイ 安宿 ゲストハウス  バックパッカー ©アジアしあわせ特急
宿のおっちゃんは意気揚々と案内してくれました。


部屋の中へ・・・

ベッドも含めて部屋全体が粉っぽい!


最近、お客がなかったようで、目の前でおっちゃんがベッドの上を掃いていました…。

そして窓際には謎の「つぶつぶ」が…。

宿選び、完全に失敗した~
メーサイ 安宿:謎のつぶつぶ ©アジアしあわせ特急


大いに反省する

確かに、この宿は他よりも50~100バーツ高かったんですが、1泊だけなので、他の宿にすれば良かった~。

ベッドには変な虫がいそうな湿っぽさだったので、この旅で初めてなんですが、寝袋を使って寝ることにしました。

寝袋があって良かったという話ではなく、今回の宿選びは確実に油断していました。

今まではネットで安い宿を予約していたんですが、まあまあ許せる範囲だったので、宿選びを甘くみてしまっていました。


まとめ

・メーサイに行ったら「タチレク」に行きましょう!


・宿選びは「実際に部屋を見てから」決めましょう!

タイ メーサイ 安宿 ゲストハウス  ©アジアしあわせ特急

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




スポンサーリンク