*旅に出る前の話です。
*2017年3月に投稿していた4つの記事を編集して1つにまとめました。
*2017年10月21日 再投稿。


あるある質問

仕事を辞め、海外へ旅に出るという話を知り合いにすると、必ずと言っていいぐらいに質問されるのがこれです。

「何しに行くの?」
「どこに行くの?」


その他には

「友だちが住んでるの?」
「ワーキングホリデー?」
「留学?」
「新婚旅行?」
と聞かれたこともありました。


こういう質問には

(ここだけの話ですが)正直、うんざりしていました。

「あ~またかぁ」
「めんどくさいなぁ」
「言わなきゃよかった~」と、毎回、後悔してました。


それと、時々…

「自分探しですか?」と聞かれることもありました。

その都度、「自分探しって何やねん」って思ってました。口には出さなかったですけどね。

「自分探し」って言葉、全くピンとこないんです。


「何しに行くの?」

その答えは「何しに行くんでしょうね~」です。

自分自身でさえ、はっきりしていないので、この答えが一番ぴったりかなと思います。


あえてキーワードをあげるとすれば、「放浪」「放蕩」「放課後」です。

キーワードというよりもイメージという方が近いかな。3つとも「放」の漢字が入ってますね。

ただ、「放浪」「放蕩」「放課後」を質問の答えにしてしまうと、これまた、話がややこしくなります。

じゃまくさい~。


・そこで部長に相談

この件を元職場の上司(部長)に相談してみました。

その部長というのは学生時代に一人でインドやネパールに行き、就職してからも、休みを取ってはアジアを中心に色んな国を旅していた人です。

二年前にタイへ行った時も安宿に泊まり、屋台で食事をしていたと聞きました。いわゆるバックパッカーです。


・部長との会話(作戦会議)

:部長、相談なんですが、「何しに行くの?」と聞かれることが多くて困ってます。何て答えたらいいですかねぇ。

部長:あ~、それって、あるあるやなぁ。自分もよく「今まで行った国の中でどこが一番よかったですか?」って聞かれるわ。

:そういう時、部長は何て答えてるんですか。

部長:ぶっちゃけ面倒くさいよね。聞いてきた人に合わせてテキトーに答えてるよ。リゾートが好きそうな人にはハワイ。アジアが好きそうな人にはベトナムとかね。

:なるほど~。

部長:ハワイもベトナムも好きだけど、一番好きなのは20年前のミャンマーなのよね~。だけど、それを言うと 「えっ?ミャンマー??」みたいな反応で、もう面倒くさい。

: じゃあ、私は何て答えておきましょうか。

部長:う~ん。そうやなぁ。「世界遺産にとても興味があって、若いうちに自分の目で見てきたいんです」はどう?

:それいいですね。そうします。


という事で、「何しに行くの?」には「世界遺産」と答えることにします。部長、ありがとうございました。


・叔父さんに相談

もう一人、私の旅の応援者がいます。
母方の叔父です。

叔父さんは学生時代の80年代後半、中国やシルクロードにハマり、「香港〜中国西域〜パキスタン」と「上海〜中国西域」をバックパックを背負って旅したそうです。

大学を卒業して就職してからもヨーロッパ、ベトナム、数年前には、ブルース・スプリングスティーンのコンサートを見るためだけに2泊4日でアメリカまで出かけています。

部長と同じような感覚を持つ人です。


・叔父さんとの会話

:「何しに行くの?」「どこに行くの?」って聞かれることが多くて困ってます。何て答えたらいいですか。

叔父さん:「なぜ中国へ?」「何しに行くの?」と僕も周りから聞かれたよ。

:私と同じですねえ。なんて答えたんですか?

叔父さん:「沙漠に沈む夕日が見たい」とか「日本とは違う体制である社会主義の国を視察する昭和の遣唐使だ」と冗談で返していたよ。

:ふ〜ん。

叔父さん:周りの人がほとんど「なぜ」という表現しか僕に投げかけてこなかったので、それに応えるのに辟易していたんだよ。


この叔父さんというのが私に「深夜特急」のビデオを貸してくれ、両親を説得して、親戚一同から悪者とされた人です。


どこに行くの?

正直に、「最初はバンコクだけど、行ってから考えるかな。どうしようかなぁ~」と答えると、

決まって、「大丈夫?」「大体の計画は決めておいたら?」と言われます。

もう放っておいてくださーい。


まとめ

「何しに行くの?」「どこに行くの?」の質問には、「世界遺産にとても興味があって、若いうちに自分の目で見てきたいんです」「アジアを中心に周ります。若いし大丈夫です」と答えることにします!

バックパッカーあるある


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!




スポンサーリンク