ドーソン@アジアしあわせ特急




はじめに

ハノイの宿でスタッフと話していた際、「僕の家(出身)はドーソンの近くなんだ。もしこれから南へ行くなら、ドーソンに寄ってみたら」と言われました。

私はそれまでドーソンという地名を知りませんでした。

なので、行く予定もありませんでしたが、せっかくなので、行ってみようかなと思いました。



その後

ハノイ→バイチャイ
バイチャイ→カットバ

そして
カットバ→ハイフォン→ドーソン


3つのエリア

ドーソンは半島のような地形をしていて、地区が3つに分かれています。

1区:高級リゾート地
2区:私が泊まった宿のあるエリア
3区:民家および遊園地などのエリア

ローカルバスは終点まで乗ると2区の手前に着きました。

バスを降りた瞬間に、バイク2人乗りの金髪の姉ちゃんに「ハロー!」と声をかけられました。

今までの街では無いことだったので驚きました。



ドーソンの地図

ドーソンの地図

何の地図かは不明です。
おそらく、バスの路線図だと思うのですが・・・。

不確かな情報ですいませんが、とりあえず載せておきますね。



ドーソンの宿

何軒かの宿へ行き、宿泊料金を聞きましたが、どこも同じでした。

2食付で30万ドン(約1500円)

ネットでの情報によると、日本人がよく利用するという宿があるようだったので、そこへ行くことにしました。

宿の名前:CHI MAI

受付で一応、料金交渉してみましたが、変わらなかったのでチェックイン。



宿にて

部屋に入ったのは午後の2時頃。

その日は少し頭が痛かったので薬を飲んで横になりました。

うとうとしていると・・・。

ドアを「コンコン」(ノック)。

宿のスタッフが、ご飯を食べるジェスチャーとベトナム語で「夕食、できたよ」を知らせに来てくれました。

時間は夕方の5時。

早いやん!



食事

おかず:美味しい!
ごはん:おかわり自由!

毎食、もりもり食べました。

同じ宿に泊まっていた日本人(Tさん)の話によると、別の日本人宿は、食事がイマイチと言っていました。

この宿にして良かったです~。

ドーソン ベトナム@アジアしあわせ特急


Tさんの話だと…

この宿(CHI MAI)も、以前は食事付きではなかったようです。

ただ、この辺りはリゾート地が近くにある影響で食堂の料金が凄く高く、Tさんの知り合いの日本人が、この宿のオーナーに頼んで、食事を付けてもらった、だから、日本人に合わせた味付けだとのこと。

ただし、この話はTさん情報なので真偽は不明です。

ドーソン 宿の食事 おいしい



英語

薄々、気づいていたんですが、ドーソンではほとんど英語が通じません

この宿でも、オーナーと、その奥さんっぽい人が少し話せるくらいでした。

こういう時は
旅の指さし会話帳(ベトナム語)





バイク4人乗り

ダメですよ~。

ドーソン バイク 4人乗り



タクシー・自転車

ドーソン タクシー 自転車

・黄色はタクシー

中国人っぽくて、お金持ちそうな「おばちゃん」が、このタクシーに何人も乗っていました。

そういえば、中国人っぽいグループをたくさん見かけました。たぶん、ツアー客かな。


・カラフルなのはレンタサイクル

私は利用しませんでしたが、お店の数がかなりあったので、需要はあるのかな~と思いました。



ドーソンの海

ドーソン ビーチ

水着を着て、ビーチで遊んでいる家族や若者が、ちらほらいました。ほんと、ちらほら…。

シーズンではないのか、海が結構、濁っていたかな。

ベトナム ドーソン 海



まとめ(感想)

・宿の食事は最高に美味しかった。

・英語がほとんど通じなかったなぁ~。

・おすすめ度:低
特にバックパッカーは行かなくても良いかなと個人的には思いました。




◆関連記事◆




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

このブログはリンク・シェア等はフリー、
ブログ管理人への連絡も不要です。
これからも「アジアしあわせ特急」を宜しくお願い致します。

バックパッカー「一人旅」、最高!