はじめにアジアを旅行中、「仏教や仏像の勉強をしておけば良かった」と思うことが時々ありました。例えば、涅槃仏(ねはんぶつ)。涅槃仏(ねはんぶつ)とは、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたもの。寝仏[1]、寝釈迦像、涅槃像[2]とも呼ばれ、主にタイの寺院などで ...