人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』

現在、一時帰国中です。アジアとビールと猫が好き。愛読書『世界しあわせ紀行』『深夜特急』『巨流アマゾンを遡れ』。


スポンサードリンク

カテゴリ:タイ > メーサイ・チェンコーン

4月19日(水)

チェンセーン
チェンセーン



4月20日(木)

【ソンテウとは】

・ソンテウ、ソンテオ(タイ語: สองแถว, songthaew)とは、タイで広く普及している、小型トラックの荷台を改造して旅客用とした乗り物である。乗合バス又は乗合タクシーに相当する。また、一般のタクシーのような利用が可能な地域もある。タイ国外にも同様のものがある。(Wikipediaより)
ソンテウ


【チェンコーンへの移動】
・「地球の歩き方」には「青のソンテウ」と書かれている。
・朝、乗り場で「青」を待つ。
・全然、来ない。
・不安になりウロウロする。

・「緑」のドライバーが声を掛けてくる。
・「チェンコーン行ける?」
・「OK!乗って」
・私、乗り込む。



【緑のソンテウ】
・田舎の方にどんどん進む。
・同乗していたおばちゃんの家に到着!
・ドライバーと私がおばちゃんの荷物(かなり多め)を降ろす。
・さらに少し進む。
・民家らしき所に到着。


【昼食】
・「赤」のソンテウに乗り換えて、1時間後に出発と言われる。
・近くの食堂でカオマンガイを食べる。アロイ(美味しい)
カオマンガイ


【赤のソンテウ】
・ドライバー交代で初老のおっちゃん。
・出発したのは2時間後(^^)
・乗客は私一人。
・途中で人が乗ったり降りたり。
・チェンコーンに無事到着。




【ゲストハウス】
・ドミトリールーム
・この日は私一人だけでした
・100バーツ(300円)
ドミトリールーム


【移動まとめ】
「青」のソンテウが無難だと思うけど「緑+赤」でも行けました。


4月1日(土)
 朝の4時過ぎ、バンコクのドンムアン空港に到着。
心配していた入国審査は何の問題もなくパス。


4月2日(日)
BTSに乗ってモーチット駅下車。
ウィークエンドマーケットへ行く。
犬に触って怒られる


4月3日(月)
Kindleで本を読む
早くも沈没しかける。


4月4日(火)
鉄道で日帰りアユタヤ一人旅。
自転車をレンタルしてアユタヤ遺跡を見て回り疲れ果てる。 


4月5日(水)
チェンマイ行きのチケットを買いにファランポーン駅へ。
その後、チャイナタウンをうろうろ。


4月6日(木)
18時10分発の寝台列車で移動。
「アジアしあわせ寝台特急だなぁ」と一人でニヤニヤする。


4月7日(金)
チェンマイ着


4月8日(土)
チェンマイの街をうろうろ。
お寺と博物館に入る。
人が優しい。


4月9日(日)
やや体調が悪いので昼まで寝る。
宿近くのカフェで「ぼぉ~」っとする。


4月10日(月)
バイクをレンタルして象、滝、蛇を見に行く。
道に迷うも優しいおばちゃんに助けられる。


4月11日(火)
ドーイステープ寺、モーン族の村に行く。
検問無免許400バーツ


4月12日(水)
初めてソンテウで移動。料金交渉で50バーツに値切る。降りる時に20バーツ札を3枚出す。お釣りは笑顔で20バーツ。元々40バーツだったんやね(^^)


4月13日(木)
神対応のリンさんにチェンライ行きのバスを予約してもらう。
ソンクランに参加。びしょ濡れになる。


4月14日(金)
バスで移動。チェンライ到着


4月15日(土)
再び体調を崩す。お茶っ葉を購入し、お湯を沸かして飲む。ほっとする。


4月16日(日)
パーイ行きを断念する。
ホワイトテンプルへ行く。


4月17日(月)
メーサイ着
宿選びに失敗。ベッドは湿っぽくて粉っぽい。


4月18日(火)
快晴。
宿から川を挟んでミャンマーが見え、テンションあがる。
パーイ行きを諦めきれず今回の旅のどこかで必ず行くと決意する。


4月19日(水)
メコン川沿いの街チェンセーン着。


4月20日(木)
「緑+赤」のソンテウで移動
ラオスとの国境の街チェンコーン着。
初めての国境超えでやや緊張。
特に必要はないが一泊することにする。
Kindleでラオスの「地球の歩き方」を購入するも不安は解消されず。

明日はラオス。

0420



【チェンライ発】
チェンライの第2ターミナルで「どのバスかなぁ」とキョロキョロしていると、おばちゃん(車掌さん)が私を見て、「メーサイ?カムカム」と手招きをするので、そのバスに乗車。出発直前だったようで、すぐに発車しました。


【メーサイ行きのバス】
料金は39バーツ
ほぼ満席
ほぼタイ人
古くて緑色のバスでした


【検問あり】
途中で警官が1人、バスの中に入ってきました。

タイ人はIDカード、外国人はパスポートの提示を求められていました。ただ、全員というわけではなく、何人かを選んでいるようでした。私は警官と「思いっきり」目が合いましたが、何も言われませんでした。

これから行かれる方は、念の為、パスポートを持参するようにしましょう。 


【メーサイ着】
約1時間30分でメーサイのバスターミナルに到着。

車掌のおばちゃんに「メーサイ?」と質問すると、「ミニバス(に乗っていくんだよ)」との返答だったので、すぐにソンテウ(ソンテオ)に乗り換えました(15バーツ)。

約10分ぐらいで国境の街、メーサイに到着!

国境です、国境。わくわくします!


【まとめ】
チェンライからメーサイへのバス移動は難しくありませんでした。ただし、途中で検問があるため、パスポートを持参するようにしましょう。

このページのトップヘ