人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』

現在、一時帰国中です。アジアとビールと猫が好き。愛読書『世界しあわせ紀行』『深夜特急』『巨流アマゾンを遡れ』。


スポンサードリンク

カテゴリ: タイ

【はじめに】
パーイはタイ北部の街。
ネットを見ると、「 美しい」「おしゃれ」「かわいい」「落ち着く」等の記述が多数。
これは行かねば!と思っていましたが…。
結局、パーイには行きませんでした(行けませんでした)。


【バスターミナルにて】
チェンライのバスターミナルで係員らしき人に聞きまくったんですが、「チェンライからパーイへ行くバスは無い」とか「知らない」という返事ばかりでした。

チェンマイからパーイへ行くバスがあることは知っていたので、「チェンマイよりも北のチェンライからだと、当然、バスはあるだろう」と私は勝手に思い込んでいました。


【宿にて】
とりあえず宿に戻りましたが、やっぱり諦めきれず、宿のスタッフに相談。すると、何箇所かに電話で問合せをしてくれました。ありがたい!

でも、結果はやはりNOでした。そして、とてもとても残念でしたが、私はパーイ行きを諦めることにしました。


【まとめ】
今回、私はチェンライからパーイへ行くバスを探すことが出来ませんでした。汗だくになりながら調べたんですが駄目でした。もしかしたら私の探し方が良くなかったのかもしれませんが、今後、「チェンライからパーイへバスを使って移動したいなぁ」と思われている方はご注意ください。
 

【行き方】
チェンライのバスターミナルからバスが出ています。
料金:片道20バーツ
所要時間:約20分

ワットロンクン


【ホワイトテンプル】

正式名称:ワット・ロンクン
入場料:地球の歩き方(2015)には無料と書かれていましたが、現在は50バーツ必要でした。

入場料


【壁画】

日本やアメリカの有名なキャラクターが仏陀と一緒に描かれていました(撮影禁止)。現代アートと言うのか、宗教的に寛容であると言うのか、正直、コメントしにくいです。


【おすすめ】
日本の絵馬のようなものがあったので、記念に書いてきました。30バーツ。これから行かれる方は是非、どうぞ。キラキラだし、お土産にも良いかもと思いました。

絵馬

【さいごに】
お寺というよりテーマパークのような感じでした。チェンライ市街よりもたくさんの人がいたように思います。もし時間に余裕があれば行ってみても良いかなという場所でした。


ゲストハウスで同室のAさんとの会話。

police

私:やっちゃいましたー。
N:どうしたん?
私:原付に乗ってたんですけど。
N:うん。
私:警察が検問してたんです。
N:うんうん。
私:僕、無免許やったんです。
N:えー。罰金?
私:そうなんですー。
N:いくら払ったの?
私:400バーツ払いました。
N:えー。マジで?
私:マジです。
N:違反切符とかもらった?
私:これです。
N:ほんまやー。
私:・・・。
N:それにしても汚い字やなー。

確かに書かれてあった字は、かなり読みにくかったんですが、正真正銘の違反切符です。そして、やや落ち込んでいる私を励ますためか、Nさんは次のような話をしてくれました。

bokashi

「今回の件はさぁ、確かにショックやと思うけど、まぁ、
旅の授業料やと思えば良いんよ。400バーツやろ。1200円やん。安いんもんやん。他の多くのバックパッカー達は、今までどれだけ授業料を払ってきたことか。私も旅を始めた頃は結構、授業料、払ったよ~。 「400バーツ、とられた」と思うんではなくて、「おいしいネタをゲットした」と思ったらいいやん。たくさんの人に喋ったり、ブログに書いたりしたら良いやん。それで、十分、もとがとれるよ。それと、話は全く別やけど、無免許はやっぱりアカンよ~。」


旅の授業料
この言葉が気に入りました。もやもやしていた気持ちが晴れた気がしました。それと同時に、私の旅が本当の意味で始まったのかなとも思いました。Nさん、ありがとうございました。
 

「好きだった」と過去形で書いています。タイに来てまだ数日なのに日本でのことは過去になってしまっています。すごく昔のことのようにも感じます。

日本にいる時は色んな旅番組が好きでした。有名人が出ている温泉グルメ番組は見なかったけどね(あれは旅番組ではないでしょー)。有名人が出ていても「イッテQ」はよく見ていました(魂があるからね)。


私が一番、好きだったのは、東京テレビ系列で放映されている
「Youは何しに日本へ」です。

番組の内容紹介は差し控えますが、見ていて、「外国人(今、私もそうですが)にとって日本はかなり魅力的な国なんだな」「しっかりと目的を持って海外へ来ている若者が多いな」と感じていました。

しかし、中には日本人の女性と結婚しようと来日したけれど、「無計画」なためにうまく物事が進まず…みたいな男性もいました。その男性には申し訳ないんですが、大いに笑ってしまいました。しかし、その男性の「頑張っていない姿」が頼もしくも見えました。

私、無計画です。出発点は決めましたが、帰りのチケットも持ってません。サイコロで次の行き先を決めようかな。そうそう、ロケみつの「目指せポルトガル・ヨーロッパ横断ブログ旅」も好きでした。

今日のひとこと:無計画だから面白い。

前回の記事に続き、今回もチェンマイです。


チェンマイと言えば「象」ということで、今回はバイクを借りて、エレファントキャンプと滝を見てきました。

レンタル料
・バイク1日250バーツ
・ヘルメット50バーツ

kawaii

ただ、バイクは借りたものの途中から道が分からなくなってしまい…。困ったぞ~と思いながらコンビニの前で「地球の歩き方」を
超必死に読んでたら、タイ人のおばちゃん(Eさん)が英語で声をかけてくれました!Eさんは英語があまり得意ではなさそうだったんですが、ゆっくりと考えながら話してくれました。

E:どうしたの?
私:エレファント
E:信号、4。
私:4?
E:うん。左。
私:4、左?
E:うん。滝も近くだよ。
私:ありがとう

エレファントキャンプ

Eさんのおかげで無事にエレファントキャンプに到着。

象に乗る体験の時に象使いに「この象の名前は?」と聞いたら、「メイサーからとってサーだ!」と言ってました。私は「それ、今、考えたやろ!」って日本語でツッコミました(笑)。

象に乗ると最初は凄く揺れましたが、慣れてくると象のゆったりした力強さを感じることができて楽しかったです。

エレファントキャンプの入場料は250バーツ、象乗り体験は驚きの1000バーツ(25分)でした。1000って高すぎるやろ~。

滝蛇

その後、滝と蛇も見てきましたが、感想を書く程ではないかなと思ったので省略しまーす。


今回、エレファントキャンプに行けてとても良かったと思っています。貴重な体験ができました。
ただ、一番の思い出は
「おばちゃんの優しさ」でした。このおばちゃんに限らず、タイの人はホント優しいんです。日本人より1000倍優しいです!


 

このページのトップヘ