人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』

現在、一時帰国中です。アジアとビールと猫が好き。愛読書『世界しあわせ紀行』『深夜特急』『巨流アマゾンを遡れ』。


スポンサードリンク

カテゴリ: ラオス

2017年4月24日 初回投稿
2017年8月11日 動画追加


【はじめに】

チェンコーンからファイサーイまでの移動については前回の記事に書きました。今回はファイサーイからルアンパバーンです。

移動手段はバスやスピードボートもありますが、ゆったり「優雅な船旅」になるかなと思ってスローボートにしました。1日目はファイサーイからパークベン、2日目はパークベンからルアンパバーンへの移動です。


【1日目】

ファイサーイの「slow boat ticket ofice」でチケットを購入。
11:30出発。
210000キープ(3000円弱)。
出発するまで少し時間があったんですが、とにかく暑かったです。

チケット

【船内】

 座席指定です!チケットに座席番号が書かれています。私の場合は28番でした。座席は古い車のシートを取り付けたような作りでした。狭くて、ガタガタ揺れまくりで、あんまり快適ではなかったです…。


日本から持ってきていた『巨流 アマゾンを遡れ』(高野秀行)を読了。この本をメコン川を下りながら読むって、なかなか良いものでした。欧米人たちはビールを持ち込んで飲んでいましたね~。
巨流アマゾンを遡れ:高野秀行



【パークベン】

ファイサーイから7時間ぐらいでパークベンに到着。長かったです~。ここで一泊しますが、チケット料金に宿代は含まれていないので、自分で宿を探すことになります。

船着き場には宿の客引きがいっぱいいました。その時点で私はかなり疲れていたし、「今から宿探しをするのも辛いなぁ」と思っていたので、 一番安い宿の客引きについて行きました。宿は正直、かなり古かったんですが、「一泊だし、まぁいいか」と自分を納得させました。

部屋に入って、シャワーを浴びて、WiFiの設定をしたんですが、電波が弱すぎ~。不安定~。途切れる~。「一泊だし、仕方ないね」と自分に言い聞かせて早目の就寝。


【2日目】
スローボートの出発は朝9時30分でしたが、壁側の席(川に面している方の席)に座りたかったので、船着き場には8時前に行きました。おかげで希望の席をゲット!1日目は座席指定でしたが、2日目は早いもの順でした。

0422 2日目のスローボート君

【船内】

8時の時点では、乗客も少なく、涼しくて、快適。乗船前に買ったサンドイッチを食べたんだけど、美味しかったです~。

ただ、段々と人が増えてきて、暑くなってきて、出発前には快適さゼロに。

ルアンパバーンまでの所要時間は約8時間。定員ギリギリまで乗せるし、座席は狭いしで、とても肩が凝りました。

お世辞にも「優雅な船旅」とは言い難いスローボートの移動でした(^^)
 

【ルアンパバーン】
船着き場からルアンパバーン中心部までトゥクトゥクで移動。
20000キープ(約270円) 

ダメもとで料金交渉を挑むも、即座にNO。ただ、20000キープの支払いをする列には外国人しか並んでいなかったので、現地価格は別にあるんだろうなとも思いました。

20000キープ


【まとめ】

・スローボートは退屈。本があると良い。
・2日目は早目に船着き場へ行こう。
・とにかく長かった。ホント疲れた。


ハノイ行きのバス

【バス】

料金:18万キープ(約2500円)
出発時刻:午後5時
到着時刻:午後5時
*つまり24時間バス! 
*チケットは事前に宿で購入。 

バスチケット

【前回の記事】

ベトナムビザを宿で申請したという話。
今回はその続きです。


【バスターミナルへ】
 5/4の夕刻。
トゥクトゥクのドライバーが宿に到着。
予定の時刻を少し過ぎていました。
その後、いくつかの宿でお客をピックアップしながらバスターミナルへ。

ドライバーは、時には反対車線を走り、時にはスピードを上げ、かなり攻めの運転をしていたので、乗客がザワザワ。時間がギリギリで焦っていたようです。


【バスターミナル到着】
 このドライバーからベトナムビザの代わりに「ビザ発行証明書(正式名称不明)」を受け取りました。しかし、「例の5ドル」は請求されませんでした。私から声をかけるタイミングもなかったので結局、払いませんでした。

あれは一体、何だったのか…。まぁいいか。


【バスに乗り込む】
チケットを見せてバスの中へ。
時間がギリギリで私を含めた3名が最後の乗客のようでした。
3列で上下2段の狭~いリクライニングシートでした。 

我々3名は一番後ろの上段の「3席つながった場所」でした。
最悪~。つながってる~。狭すぎる~。

身長185cmの白人女性タニア
大柄の白人男性ステファン
小太りの私

タニアとステファンと私

 
【バス発車】
出発してすぐに消灯。
寝るしかなかったんですが、狭すぎて全く寝れません。
ステファンと私の腕が触れ合うんです…。
助けて~。


【国境到着】
意識が朦朧(もうろう)とする中、午前5時頃に国境到着。
ただし、国境が開くのは8時とのこと。
停車した車内で待つことに…。


【ラオス出国】
7時頃、車掌から案内があり、全員下車。
出国カウンターに並びました。
しかし、全く進みません。
係員の仕事が遅すぎます!
結局、1時間半かかって、ようやく出国できました。
出国カードに記入はしましたが、係員からは何も質問されず、出国スタンプを押されるだけでした。

「出国した!次は入国だ!」みたいな高揚感は全くありませんでした。周囲には何やら重たい空気が漂ってる気がしました。

ラオス出国

【つづく】
この話はまだまだ続きがあります~。


【はじめに】
2017年5月現在、日本人(日本国籍者)は15日以内の滞在であればベトナムのビザが免除されます。つまりビザ不要です。


【5月1日】
私は「15日では少し足らないかな」と思っていたので、1か月のビザを取ることにしました。

宿から歩いて20分ぐらいの所にベトナム大使館があったので、いざ申請に~って宿を出ようとした瞬間、「Vietnamese Visa Online Services」を発見!コレは宿の受付にポツンと置かれていました。
 
コレ

【悩む】
自分で行くと60ドル。コレだと55ドル。

仕組みはよく分からないけど少し安いし、後日、大使館に取りに行くのも手間だしなぁと悩んだ末、コレに申し込んでしまいました。宿からバスターミナルまでの料金(トゥクトゥク)も含まれているとのことでした。


【手続き】
まずは、宿の受付で30ドルを支払う。

次に申請用紙への記入。全て英語なので分からない単語をスマホで調べたり、かなり苦労しました。最後に写真。日本から持ってきていた証明写真を2枚添えて受付に手渡す。

パスポートを提出する必要はなかったんですが、その代わり?なのか、受付の人がスマホでパスポートの写真(名前とか番号とかのページ)を撮っていました。これで完了、と思ってたら翌日…。


【5月2日】
宿の人から「ビザのピックアップに追加で10ドル必要」と言われました。

私は「やっぱり自分で申請に行った方が安かったんや~」と後悔(遅いけど)。受付に置いてある紙をよ~く見ると、一番下に「一日5ドル追加」って書いてありました。持って行ってもらって、取りに行ってもらうので合計2日。計10ドル追加ですね。私が見落としていたんですが、心の中で「最初からコミコミ料金で書いておいてよ~」と叫んでしまいました



【5月4日:ハノイ行の夜行バスに乗る日
手続きの際、「5/4の朝には届く」と宿の人が言ってたので受付へ行くと、「夕方の5時に届く」と言われ、やや不安になる。


【さらに】
夕方、受付へ行くと、宿の人から40000キープ(約500円)を手渡され、「バスターミナルまで送ってくれるドライバーが、あなたのビザを持ってきてくれるので、その時、ドライバーに5ドル(約500円)支払ってくれ」と言われました。

どういうこと~???。
かなり不安が増しました。
 
40000キープ


【まとめ】

ビエンチャンでベトナムビザを申請する場合は、
自分で大使館へ行きましょう。 
ややこしいです。以上!


【つづく】
この話には、まだまだ続きがあります。

バスに乗って、国境へ行って、ビザもらって、イミグレを通過して、またまたバスに乗って…。

あ~~~。続きは次の記事で



4月21日(金)
ラオス入国。初の陸路での国境越え!
スローボード乗船。
パークベン泊


4月22日(土)
再びスローボート
『巨流 アマゾンを遡れ』読了。
ルアンパバーン着。
スロー過ぎた。


4月23日(日)
日帰りツアーでクアンシーの滝へ行く。


4月24日(月)
風邪っぽい。
Kindleを見て一日ごろごろ過ごす。


4月25日(火)
風邪で寝込む。


4月26日(水)
静養。
薬局でORS(経口補水塩)購入


4月27日(木)
静養。
風邪ほぼ回復。下痢は継続。

ルアンパバーン

4月28日(金)
早朝に托鉢を見る。
ビエンチャン到着。色々あって疲れる。


4月29日(土)
蕁麻疹100。
痒すぎる。静養。


4月30日(日)
蕁麻疹95。
不安。静養。


5月1日(月)
蕁麻疹70。
静養。
ベトナムビザ申請。
ベトナムのハノイ行バスチケット購入。
街でシンガポール人らしき女性から声をかけられる。かなり怪しい。


5月2日(火) 
蕁麻疹50。
またしてもシンガポール人の女性に出会う。確実に怪しい。


5月3日(水)
蕁麻疹35。
日本の叔父さんに電話。


5月4日(木)
蕁麻疹20。
ハノイ行きのバスは17:00発。
車中泊。


ビアラオ80円

【異変】
ルアンパバーンからビエンチャンへの移動中に「何か痒いなぁ」と思っていたら、体中に…。腕もお腹も背中にも。ズボンのゴム付近が特に酷いです。

かゆい


【自己診断】

最初はダニとか南京虫かなと考えました。ただ、掻くとその部分がすごく熱くなるし、痒いところがどんどん移っていくので、「コレは蕁麻疹!」と思いました。


【原因】
正直、分かりません。少し前から下痢だったので、変なものは食べてません(多分)。可能性のある食べ物と言えば、鳥の串焼きぐらいでしょうか。あと、料理と一緒に出てくる生野菜を少し食べましたが、蕁麻疹とは関係ないと思います。

もし、ダニとか南京虫だったら、メーサイ(国境近くの街)の安宿かも。そこに2泊してます。部屋全体が湿っぽくて、ベッドは粉っぽい感じがしました。「結構、長い間、誰も泊まってないんだろうなぁ~」って部屋でした。その他の宿でもダニを何度か見かけています。


【とりあえず】
近くの薬局へ行き、症状を見せて「抗ヒスタミン剤」を購入。

それと、日本から持参していた「ム○」(かゆみ止めの薬)を塗って、しばらく様子を見ることにしました。

宿のスタッフも、「どこで寝てたんだ?」「bedbug(南京虫)か?」と心配してくれ、シーツを一度、交換してくれました。でもまぁ心配なので、日本にいる知り合いの看護師や友達にメールで相談しました。

・看護師Nさん
「胃腸障害、疲れかな。蕁麻疹は日焼けとか虫刺されでも出るよ。蕁麻疹=アレルギー反応だしね。脂っこい食べ物、香辛料、アルコールは控えて、ゆっくり休むことかな。それでも治らなくて、もし熱が出てきたら病院に行かないとね。」

・看護師Hさん
「蕁麻疹ではなくてダニかも。ストロイドの塗り薬が効くよ。顔に発疹が出てないならダニとかの虫かな。」

・医療系素人Sさん
「蕁麻疹をやっつけるぐらいの気持ちが大切。お大事に。」

・医療系素人Oさん
「熱があるなら病院でカルシウム注射が良いです。すぐ治ります。」


【回復の兆し】
SさんとOさんのアドバイスは軽くスル~させてもらいました(^^)

それで、とにかく体を休めることに専念しました。「これでもか」ってぐらい、ゆっくりしました。薬局でもらった薬を飲むと眠くなるので毎日、爆睡です。おかげて少しずつ回復してきました。

NさんHさん、ありがとうございました。もう大丈夫かなと思います。

回復の兆し!


このページのトップヘ