人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』

現在、一時帰国中です。アジアとビールと猫が好き。愛読書『世界しあわせ紀行』『深夜特急』『巨流アマゾンを遡れ』。


スポンサードリンク

カテゴリ: ベトナム

2017年5月28日 初回投稿。
2017年8月17日 動画追加。


【サパ3日目】
やっと晴れました。実は前日、雨の中、一人でカットカット村に行ってました。でも、霧のため棚田などの景色は全く見れず(見たかったのに~)。なので、今回はリベンジ。あの
プリンターおじさんこと、Hさんも一緒です(^^)


【坂をひたすら下る】
サパの中心街を抜けると、坂を下る下る下る~。

私:「帰りはこれを登るのか~」
Hさん:「帰りはゆっくり休みながら帰ればいいから~」

坂を下ること約40分。
カットカット村の入り口に到着。
カットカット村の入口


【入村!】
ここで入村用のチケットを購入。
5万ドン(約250円)
50000ドン
村に入ると石の階段。
ここからもかなり下り坂。ひざが痛みます。

狭い路地の両側に民族衣装や民芸品のお店が並んでいます。
そうかと思うと、頂上付近に雲がかかった緑の山や茶色の棚田が「バーン」と広がったりもします(前日、見れなかったので嬉しさ2倍)。
お店
景色1


【何というか…】
うーん。村というか何というか。完全に観光地化されている感じです。巨大なかごのモニュメントがあったり、民族音楽の演奏やダンスの公演が見られるちょっとしたホールがあったりと…。
かご
うーん。いや、住民はいると思うんですよ。山を見ると中腹あたりにも家が点々とあり、生活の場所であることは間違いないと思うんです。

だけど、うーん。


【大人たち】
カットカット村の女性は、カラフルな民族衣装に身を包んで、土産物を売ったり、売店で働いたり、ガイドをしたりしています。男性はあまり見かけないです。どこにいるんだろうか…。


【子供たち】
子供たちは集まってブランコみたいな遊具で遊んだりしていました。ツアー客からお菓子をもらっている光景も見かけました。
カットカット村のこどもたち


【プリンターおじさん】
Hさんは、子供たちの集まっている中に入っていき、自慢のプリンターを起動して子供に写真をプレゼントしていました。子供たちには目新しいようで、すぐに人気者になるHさん。うらやましい~。
プリンターおじさん2
プリンターおじさん3


【動物たち】
それと、この村には豚や牛、犬、猫、鶏などの動物がたくさんいました。とても人に慣れていて、動物好きの私としては結構、楽しかったです。サパでは、ほとんど見かけなかったので…。
にわとり
豚


【昼食】
村を出てすぐのお店で昼食。Hさんはここでも家族の写真をとって印刷し、プレゼントしていました。ほんと、どこでもプリンターおじさんです。凄いです(^^)


【登る】
帰りは登り!しばらく登っていると、バイクタクシーのドライバー(二人組)が声をかけてきました。値段を聞くとサパまで一人3万ドン(約150円)。

「思ったより安いね」
「私が二人分、払うから乗っていこう」

Hさんのお言葉に甘え、バイクで坂道を登る登る登る~。
13時頃、宿に到着。


【感想】
景色2
観光地化されているとは言え、少数民族の暮らしの一部を垣間見ることができました。遊んでいる子供がたくさんいる中、ジャラジャラした飾りの着いた帽子と民族衣装を着て、お土産を売っている子供の姿もありました。棚田などの景色はとても綺麗でしたが、「う~ん」と考えさせられる場面もあったカットカット村でした。
お土産物

2017年5月24日 初回投稿。
2017年8月16日 動画追加。


【ドーソン→ハイフォン】
朝5時頃に出発したかったので、宿のスタッフにタクシーを呼んでもらう。
料金は30万ドン(約1500円)
5時30分頃にハイフォンのバスターミナル到着。

ラオカイ行きのバス

【ハイフォン→ラオカイ】
バスは6時30分に出発(予定)。
料金は28万ドン(約1400円)
一番乗りして窓側の席を確保。
大柄のステファンを思い出す(^^)

バスの車内
ただ、6時30分になっても乗客は私一人!その後、少しずつ乗ってきて7時過ぎには満席になり出発!
14時頃にラオカイのバスターミナル到着。
とても快適なバス移動で、ぐっすりと眠る。


【ラオカイ→サパ】
ローカルバスに乗り換える。
料金は3万ドン(約150円)
ラオカイ→サパのバスチケット

17時頃にサパのバスターミナルに到着。
車内は超寒い。
雨のサパ


【サパ】
標高が高い。
雨が降っている。
超超超寒い。

(画質は悪いですが雰囲気だけでもどうぞ。雨が降っています。)
サパの夕食とビール
夕食はミーザオとタイガービール
寝る前にお菓子と333
寝る前にはお菓子と333ビール


2017年5月22日 初回投稿。
2017年8月15日 動画追加。



【予約】
前日の夜に申し込む。
34万ドン(約1700円)昼食込み。
旅行会社を何件も回れば、もっと安いツアーがあったかもですが、宿で申し込んじゃいました(^^)
「明日の朝8:00にピックアップ」と言われる。
前日に予約


【天候】
クルーズ当日は朝から天気が悪く、雨が降ったり止んだり…。


【待つ】
7:45 宿で待機。
8:00 過ぎても全く来ない…。
8:20 宿のスタッフに声をかけるとツアー会社に電話。
8:30 ようやく到着。
30分遅れてきました
*約束の時間に遅れるのは「海外旅行あるある」なので、私は慣れました。これぐらいの事で怒っていたら、旅を楽しく続けられないからね(^^)


【乗船】
遠くの港に行くのかなぁと思っていたけど、近くの港へ。
着いたらすぐに船に乗り込む。
乗り場
チケット


【ツアーメンバー】
・白人グループ6組
・韓国人グループ2組
・私
・ツアーガイド
船内


【出航】
変わった岩や島がいっぱい!
みんな、写真を撮ったり、デッキに寝転がったりして過ごす。
時々、ガイドが特徴的な岩や地形の説明をしてくれました。
奇岩1
奇岩3



【カヌー】
出航後、約1時間でカヌー乗り場に到着。小雨。

カヌー乗り場には他のツアー客もたくさんいて、人だらけ。
着いた時は「カヌー待ち」でしたが、しばらくすると準備完了。
私は二人用カヌーに一人で乗りました。
カヌー

カヌーなので、洞窟や岩の近くまで行って見ることができます。
かなり楽しいです!

ハロン湾ですが、イメージとしては、宮崎県の高千穂峡に近いかなぁ。規模はこちらの方が格段に凄いです(高千穂峡、ごめん)。


岩に囲まれた湾。
カヌーを漕ぐ音。
それ以外は何も聞こえない。
本当に静か。
不思議な感じがしました。

奇岩2


【ランチ】
船に戻ったら昼食。ライスと春巻き、炒め物。味は普通。
別料金でビールを注文する。明るいうちから飲むビールは最高(^^)
昼間から飲むビールはサイコー
ただ、私は一人参加だったので、白人グループの中に入れられてしまい、非常に気まずかったです。まぁ、これは仕方ないけどね。


【泳ぐ】
昼食後は場所を少し移動して、何も無いところで停船。
かなりの雨が降っている。

・白人グループ
雨を全く気にせず、水着になってボンボン飛び込む。彼らは飛び込むのが好きですね~。男女問わず、デッキや船の天井から飛び込む&飛び込む。20分ぐらいで終了した模様。それからは、それぞれゆっくりしていました。

・韓国人グループ
しばらくは、船上で白人グループを見ていましたが、結局、泳いでいました。その後、なかなか帰って来なかったので、ガイドが怒っていました。

・私
泳ぐ気は無かったので、ベトナムコーヒーを飲みながら本を読む。
奇岩4


【モンキーアイランド】
その後、クルーズの最後の行程であるモンキーアイランドに到着。

天気が良ければ、小高い丘に登ったり、ビーチでゆっくりしたり…の場所ですが、この日は雨。しかも突然、激しい雨が降り出し、モンキーアイランドの「海の家」も他のツアー客で溢れていました。
天候わるい~
私たちのツアーからは、1組の韓国人グループのみ下船しましたが、私も含め、その他の人たちは船に残って、昼寝したり、本を読んだり、スマホを触ったりしていました。


【感想】
参加する前から分かっていたことですが、一人参加は寂しい!
ラオスの「クアンシーの滝」を思い出しました(^^)

ただ、景色や景観は最高。
ゆったりしたリゾート気分も味わえました。

残念だったのは天候。晴れていればもっと楽しかったかも~と思いました。雨だったので、予約の際に迷った「国立公園のトレッキング付き」のツアーにしなくて良かったです。

奇岩5


2017年5月16日 初回投稿。
2017年8月14日 動画追加。


【場所】
ホアンキエム湖の北側
右奥が劇場


【名称
タンロン水上人形劇場
Thang Long Water Puppet Theatre
タンロン水上人形劇場


【料金】
10万ドン(約500円)
事前予約がおすすめ。
10万ド~ン


【上演時間

約1時間
入場チケット


【内容】
古典楽器の演奏と一緒に短い民話を人形で再現しています。
日本語パンフ




【感想】
ベトナム語が分からなくても人形のコミカルな動きが楽しく、笑ったり、驚いたりで、1時間があっという間でした。是非、実際に観て欲しいです~。
展示されてます


【お土産】

私は普段、ほとんど、お土産を買わないんですが、今回は、実家用に小さい人形を買ってしまいました。ひもを引っ張ると腕が開きます(^^)
お土産

 

2017年5月14日 初回投稿。
2017年8月13日 動画追加。



宿の近くが、ホアンキエム湖。
ラッキー。
早速、行ってきました。



週末だからか、凄い人、人、人。
夜だったのに、凄い人、人、人。
湖沿いが歩行者天国になっていて、若者と子ども連れが中心に賑わっていました。
地面に座って石を並べて遊ぶゲーム(名称不明)


例えば・・・。
・路上ライブ
・長縄跳び
・綱引き
・ブレイクダンス
・ルービックキューブ
・ダーカウ(バドミントンの羽みたいなのを足で蹴る)
・地面に座って石を並べて遊ぶゲーム(名称不明)
 


お金を取ってる様子はなかったので、遊びたい人が集まって遊んでるって感じでした。

コント?

カップル、子ども連れ、友達同士がほとんどで、一人で来ているのは私ぐらいだったかな。でも、楽しかったです。

ハノイに行かれる方にはおススメ!

 

このページのトップヘ