人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』

現在、一時帰国中です。アジアとビールと猫が好き。愛読書『世界しあわせ紀行』『深夜特急』『巨流アマゾンを遡れ』。


スポンサードリンク

カテゴリ:ベトナム > ホーチミン

5月4日(木)車中泊
ビエンチャン17:00発のバスで移動
ラオス出国  →  ベトナム入国

タニアとステファンと私バスを待つ2


5月5日(金)
ハノイ泊
夜にハノイ着
部屋で333。12000ドン(約60円)

5月6日(土)
ハノイ泊
昼過ぎまで寝る
ホアンキエム湖周辺を散歩

5月7日(日)
ハノイ泊
絵葉書購入。ダニ騒動
水上人形劇を観る

5月8日(月)ハノイ泊

面白い!路上ライブ


5月9日(火)
バイチャイ泊
ハノイ→バイチャイの移動。反対行きのバスに乗るも何とか到着

5月10日(水)
バイチャイ泊

一人反省会


5月11日(木)
カットバ泊
バイチャイ→カットバのバス移動


5月12日(金)
カットバ泊
雨のハロン湾1日ツアー

5月13日(土)カットバ泊

ゆっくりとベトナムコーヒーを飲む奇岩2


5月14日(日)
ドーソン泊
カットバ→ハイフォン→ドーソンのバス移動

5月15日(月)
ドーソン泊

5月16日(火)
ドーソン泊

ドーソン1ドーソン2


5月17日(水)
サパ泊
ドーソン早朝発→サパの移動。寒い

5月18日(木)
サパ泊
プリンターおじさんと出会う

5月19日(金)
サパ泊
雨のカットカット村

5月20日(土)
サパ泊
カットカット村 と ハムロン丘

5月21日(日)
車中泊
サンデーマーケット:前編後編
夜行バスでハノイへ移動

プリンターおじさん3サンデーマーケット1


5月22日(月)
フエ泊
引き続き移動。ハノイ→フエ

5月23日(火)
フエ泊
移動疲れで夕方まで寝る
名物「ブンボーフエ」
世界遺産「フエ王宮」

5月24日(水)
フエ泊
寝台列車の予約。トゥドゥック帝廟

5月25日(木)
列車泊
フエ→ホーチミンの移動
22:50発の寝台列車。三段の一番上

ブンボーフエ2トゥドゥック帝廟


5月26日(金)
ホーチミン泊
寝台列車19:50到着

5月27日(土)
ホーチミン泊


5月28日(日)
ホーチミン泊
だらだら沈没気味

5月29日(月)
ホーチミン泊

5月30日(火)ホーチミン泊
戦争証跡博物館
肉団子バインミーと333

5月31日(水)
ホーチミン泊
ホーチミン博物館、ファンさん、ブイビエン通り

6月1日 (木)
ホーチミン泊
クチツアーベンタイン市場、ドンコイ通り、日本人街

6月2日 (金)ホーチミン泊
Kindleで「地球の歩き方」のカンボジアを購入

激旨肉団子バインミー18日


6月3日(土)
プノンペン泊
バスでカンボジアへ移動

バス1



長かったようで短かった30日間。
一ヶ月ビザなので出国しまーす。ギリギリやー。
もう少し居たかったなぁ~と思いながらカンボジアへ!


【バス】
料金:25万ドン(約1300円)
7:30 宿にピックアップ
8:00 バス出発

バス1バス3
バス2バス4



【カンボジアのビザ】
料金:35ドル(バスの添乗員に支払う)
・イミグレでの手続きを代行してくれます。
・すごく楽ちんです。
・自分でビザ申請する場合は30ドルのようですが、ほとんどの乗客が添乗員に頼んでいたように思います。

カンボジアのビザ申請用紙 -



【国境】
・建物が綺麗
・スムーズ
・出入国のワクワク感あり

前回のラオス国境は「暗い」「重い」「どんより」だったので全く違いました!

イミグレ1イミグレ2
イミグレ3イミグレ4



【ベトナム出国】

USED:ベトナムビザ
ベトナムビザに「USED」のスタンプ



【カンボジア出入国カード】

出入国カード1出入国カード2



【バス】
・お水、おしぼり付き
・Wi-Fiあり
・車内は快適
・15:00頃プノンペン到着




カンボジアです!
カンボジアです!
カンボジアです!

カンボジアです!
カンボジアです!




【バイク】
とにかくバイク(スクーター)が多い。
バイク

バイク、バイクバイク、バイク、人がいてもバイク


【本屋】
お店


【戦争証跡博物館】
戦争証跡博物館 (4)戦争証跡博物館 (3)
戦争証跡博物館 (2)戦争証跡博物館 (1)


【ベンタイン市場とその周辺】

ベンタイン市場

ベンタイン市場周辺 (1)ベンタイン市場周辺 (2)
ベンタイン市場周辺 (3)ベンタイン市場周辺 (4)


【ホーチミン市人民委員会庁舎】

ホーチミン市人民委員会庁舎


【レタントン通りの日本人街】
レタントン通りの日本人街 (1)レタントン通りの日本人街 (2)レタントン通りの日本人街 (3)レタントン通りの日本人街 (4)

レタントン通りの猫



【激旨:肉団子「バインミー」&ビール(約60円)】

激旨肉団子バインミービールは333

バインミー(ベトナム語: bánh mì, bánh mỳ)は、ベトナムのサンドイッチである。長さ20センチメートルほどの柔らかいフランスパン(バゲット)に切り込みを入れ、バター、パテを塗り、野菜、ハーブ類、肉などをはさみ、ヌックマム(魚醤)を振り掛ける。携帯性のよさから屋台だけでなく、バスターミナルなどでは駅弁がわりとして新聞紙に包んでも売られる庶民のファーストフード。同じくフランスの植民地支配を受けたカンボジア、ラオスでも一般化している。(ウィキペディアより)


以上、ホーチミン☆写真ギャラリーでした。



【いろいろ】
出発:朝8時
片道:約2時間30分
天気:快晴&ハンパない暑さ

料金:6ドル(英語ガイド付)
入場料:11万ドン(約530円)をバスの中でガイドに支払う


【予習】
行きのバスで「チラ見の世界史」を聞く。

sekachiraart

クチはベトナム戦争の際、アメリカ軍が介入した南ベトナムの民主主義勢力と、北ベトナムの共産主義勢力が戦闘を行った地。今もベトナム兵がゲリラ戦に用いたトンネル等が残っています。


【何となく】
深い森の中にトンネルがポツンポツンと点在しているようなイメージだったので、ガイドがいないとトンネルがどこか分からないかも~と思って、ガイド付きのツアーに申し込みました。

クチトンネル (1)

でもそんな心配は無用でした。クチトンネルは完全に観光地化されていて、一人で行っても回れたと思います。往復のローカルバスさえ調べておけば、もっと安く行けます。まあ、ガイドがいたおかげで効率よく回れたし、説明も聞けたので、これも良しとします。


【見る】
地雷を作る様子や、トンネルの構造、落とし穴などを見ることができます。

クチトンネル (2)

クチトンネル (6)

クチトンネル (3)

クチトンネル (4)


【トンネルに入る】
実際、トンネルの中に入ることもできます。トンネルは、2メートルほどの深さで、蜘蛛の巣状に張り巡らされています。中腰になりながら、時には膝をついて進みます。明かりも無く真っ暗で、前の人と少しでも離れてしまうと何も見えなくなります。

クチトンネル (5)

暗さと閉塞感で息が詰まります。こんな所に潜り込んで戦っていたベトナム兵は、さぞ強かっただろうと感じました。

5~10分ほどトンネルを進むと、リュックを背負った私には通れなさそうな狭さになってきました。暑さと息苦しさもあり、ここで諦めて階段を上がりました。


【試食】
外に出るとガイドが、ふかしたキャッサバ(芋)を持ってきてくれました。ほんのり甘いジャガイモのような味。当時、ベトナム兵が食べていたとのことでした。

クチトンネル (8)


【当時の映像】
出口付近で約10分の映像を見て、終了。


【解散】
時間:15:00頃
場所:ホーチミン博物館付近


【まとめ】
学生時代、歴史の授業は苦手でしたが、実際に行って、見て、体験すると興味が出るし、もっと知りたいと思いました。「チラ見の世界史」の予習は、とても役に立ちました。

クチトンネル (9)



このページのトップヘ